文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

医薬品の市場価格、薬価より8%低い…厚労省が中医協部会に示す

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 厚生労働省は2日午前の中央社会保険医療協議会の部会で、医療機関や薬局が医薬品を卸売業者から購入する市場価格(9月分)の調査結果の速報値を示した。患者が薬局などで薬を受け取る時にかかる公定価格(薬価)に比べ、市場価格は平均約8%低かった。

 薬価は原則2年に1回改定されているが、政府は医療費抑制に向けて薬価の毎年改定を検討している。2021年度からの実施が決まれば、厚労省は調査結果に基づき、市場価格との差が大きい薬を中心に薬価を引き下げる方針だ。毎年の改定には製薬業界などから慎重論が出ている。

 新型コロナウイルスの流行を受けて、今年の調査は対象の卸売業者などの数を減らして実施した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

<PR情報>

最新記事