文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

スポーツDr.大関のケガを減らして笑顔を増やす

医療・健康・介護のコラム

増える在宅作業、長時間の座位姿勢は腰にダメージを

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 新型コロナウイルス感染症がまた拡大したことで、在宅作業などで自宅の机に向かう時間が増え、体を動かす時間が減っている方も多いのではないでしょうか。座って作業することは、思う以上に腰に負担がかかります。腰の痛みがあると、スポーツどころか、程度によっては日常動作ですら苦労するようになります。

 今回は腰椎椎間板ヘルニアのケースです。

 Gさんは、ジムでのウェート、自宅での体幹トレーニングを趣味にしています。仕事はPCを使ったデスクワークが中心で、以前から腰の重い感じがありました。また、年に1回くらい、ひどい腰痛のため動けなくなることがあります。今回、トレーニングで重いバーベルを持ち上げようとした際、腰に激痛が走り、その後は前かがみがつらくなり、日常生活での普通の動きもままならなくなりました。医療機関では腰椎椎間板ヘルニアと診断されました。

ヘルニアは腰だけではない

 ヘルニアとは、「臓器があるべき位置より逸脱した状態」のことで、 鼡径(そけい) ヘルニアや食道 裂孔(れっこう) ヘルニアなど、腰椎椎間板ヘルニア以外でも用いられる言葉です。また椎間板は、 頚椎(けいつい) や胸椎にもあり、頚椎椎間板ヘルニアもよく知られています。

 椎間板は、腰の骨と骨の間にある軟骨組織の一種です。中心部には、保水成分であるプロテオグリカンが豊富な組織「髄核」があり、周囲を 線維輪(せんいりん) と呼ばれる層状の組織が取り巻いています。腰椎椎間板ヘルニアでは、繰り返し加わる負荷で、弱くなった線維輪から、髄核が突出します。これには、年齢的要素や遺伝的要素なども関係します。

増える在宅作業、長時間の座位姿勢は腰にダメージを

 主な症状は腰痛、お尻から 大腿(だいたい) や下腿にかけての痛みやしびれなどです。突出した椎間板による神経への圧迫が強い場合、足の筋力低下や尿や便が出づらくなる症状が表れることもあります。

 また、腰椎椎間板ヘルニアの症状は、前かがみや座っている動作でひどくなることがあります。過去の研究により、立っているよりも、前かがみの姿勢の方が、腰椎椎間板の圧を上昇させることが分かっています。意外なことに、立っているよりも座っている状態の方が腰椎椎間板への内圧は高くなります。診察室にくる患者さんの中には、座るのが辛いために「立ったままでいいですか」と言われる方もいます。

増える在宅作業、長時間の座位姿勢は腰にダメージを

図.姿勢による第3・4椎間板内圧の変化(Nachemson AL, et al. Spine 1976を改変)

 腰椎椎間板ヘルニアの診断は症状や診察所見からも可能ですが、MRI検査像では突出した椎間板を確認することができます。診断がついた場合、突出した椎間板はある程度、自然に退縮することが期待できるため、通常は、まず手術などをしない保存治療が行われます。約7割の患者は、発症から3~6か月以内に症状が軽減すると言われています。痛みがひどい場合は、内服薬で痛みをコントロールすることもあります。

 また、一見、関係ないように思うかもしれませんが、主に太もも後ろ側の筋肉(ハムストリング)の柔軟性が低下すると、前かがみになった時の股関節の運動が制限され、腰椎での運動が増加してしまうなど、腰椎への負担が増えます。適切なストレッチを行うことが大切ですが、特定のエクササイズで腰痛はすべてよくなる、というものではありません。個々の身体に起きている問題を専門家に指摘してもらい、それに応じたリハビリテーションを行うことが大切です。
腰痛「前かがみで痛い」と「反らして痛い」は原因が違う…けがをしない体作りのために

 症状が軽快しなかったり、何度も痛みを繰り返したりする場合は、手術も選択肢になります。近年では顕微鏡や内視鏡を用いて行う手術が主流であり、昔に比べるとスポーツ復帰も早くなったと言えるでしょう。しかし、手術で突出した椎間板を摘出しても、残っている椎間板が再び突出する可能性があります。手術を行った場合でも、術後のリハビリテーションが再発予防に重要です。

 それでは、Gさんの経過です。

 医療機関でもらった消炎鎮痛剤を毎食後、内服することにしました。また、仕事で長時間の座位が続かないよう、時々立って動いたり、軽くストレッチをしたり、姿勢を適宜変えるようにしました。腰痛が段階的に改善していくと、今度はストレッチや腹圧のコントロールなど、理学療法士の元でリハビリテーションを開始しました。1か月後、日常生ではほぼ問題なく過ごせていますが、バーベルを持ち上げるような動きは当面しない方針です。

痛みを出さないようコンディションを維持することが大切

 いったん腰痛が出てしまうと、治すのは大変です。可能であれば、普段から腰痛が起こりにくい体作りをしておくことが大切です。長時間の同じ姿勢を避けたり、定期的なストレッチを心掛けるとよいでしょう。

 また、重いものを地面から持ち上げる時は、膝をしっかり曲げて行わないと、椎間板に負荷がかかります。その結果、ひどい腰痛が生じることもあるので注意しましょう。

 成長期のスポーツ選手に腰痛が生じた場合、腰椎の疲労骨折である腰椎分離症の可能性も多々ありますので、長引く前に医療機関を訪れて下さい。
成長期の腰痛は疲労骨折かも!? ―腰椎分離症― )(大関信武 整形外科医)

【スポーツ医学検定のご案内】
 私たちは、スポーツに関わる人に体やけがについての正しい知識を広めて、スポーツによるけがを減らすために、「スポーツ医学検定」を実施しています。スポーツ選手のみでなく、指導者や保護者の方も受けてみませんか(誰でも受検できます)。第9回スポーツ医学検定は2021年5月30日(日)に開催予定です。詳細はHPにて案内いたします。


 本文のイラストや写真の一部は、「スポーツ医学検定公式テキスト」(東洋館出版社)より引用しています。スポーツ医学検定応援キャラクター・ハッスルスポケンの LINEスタンプ がリリースされました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

oozeki- nobutake_prof

大関 信武(おおぜき のぶたけ)

 整形外科専門医・博士(医学)、日本スポーツ協会公認スポーツドクター
 一般社団法人日本スポーツ医学検定機構代表理事

 1976年大阪府生まれ、兵庫県立川西緑台高校卒業。2002年滋賀医科大学卒業、14年横浜市立大学大学院修了。15年より東京医科歯科大学に勤務。野球、空手、ラグビーなどを通じて、野球肘、肩関節脱臼、アキレス(けん)断裂、骨折多数など自身が多くのケガを経験。スポーツのケガを減らしたいとの思いで、一般社団法人日本スポーツ医学検定機構を設立し、「 スポーツ医学検定 」を開催している。現在、栗田工業ウォーターガッシュ(ラグビートップチャレンジリーグ)、拓殖大学ラグビー部、文京ラグビースクールでメディカル担当。19年ラグビーワールドカップでは選手用医務室ドクターを担当。八王子スポーツ整形外科、蓮江病院でも診療。

スポーツDr.大関のケガを減らして笑顔を増やすの一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事