文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

本ヨミドク堂

医療・健康・介護のコラム

『丁寧に考える新型コロナ』 岩田健太郎著

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
『丁寧に考える新型コロナ』 岩田健太郎著

 ロックダウンは正しいか? マスクは予防に有効か? 入院患者全員へのPCR検査は必要か?

 新型コロナに対する様々な問いに対し、仮に単純明快な「正解」を語る人がいるとすれば、それは一見分かりやすく見えるかもしれない。だが、世の中それほど単純ではない。ましてや相手は未知のウイルスだ。

 何が正しいかは状況によって異なる。状況次第で「正解」は変わってくる。大切なのは「状況判断」と著者は説く。一見分かりやすそうな答えに、飛びつくことなかれ。その時その時の状況を踏まえて、何が正しいのかを丁寧に考えていくことが必要だ。状況判断に基づいた臨機応変な対応こそが大切なのだ。

 著者は、ヨミドクターのコラム 「Dr.イワケンの『感染症のリアル』」 でもおなじみの岩田健太郎・神戸大学教授。本書は、緊急事態宣言やリスクの考え方、マスクや治療法など新型コロナをめぐる話題について、医学の専門知識がない読者にも理解できるように、ある時にはマンガのヒーローまで引っ張り出して易しく解説した。

 なかでも、「検査」をめぐる誤解については、紙数を割いて「丁寧に」説明した。たとえば、感染していないのに検査で「陽性」と出てしまう「偽陽性」の問題。人間のやる行為であるからには、どうしても偽陽性は起こり得る。実際に感染している人の割合が少ない状況のなかで全員に検査を行えば、偽陽性ばかりが増えて、かえって過剰診断・治療につながってしまう弊害が大きい。何でも検査をやればいいというわけでは全くないし、むしろマイナスになることもある。

 新型コロナの先行きはまだまだ不透明だ。これからも起き得るであろう想定外の事態に直面した際、私たちはどのように考え、どう対処すべきか。新型コロナと向き合うための考え方を示してくれる一冊だ。

 巻末には、「8割おじさん」こと西浦博・京都大学教授との対談も収録。

 (光文社新書 960円税別)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

本ヨミドク堂

本ヨミドク堂
ヨミドクター編集室が注目する新刊書を紹介します。医療、健康、介護、福祉関連の書籍を幅広く取り上げていきます。

本ヨミドク堂の一覧を見る

<PR情報>

最新記事