文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

バイデン氏、飼い犬と遊んだ際に足をひねりひび…数週間は医療用ブーツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

バイデン前副大統領(ロイター)

 【ワシントン=船越翔】米大統領選で勝利を確実にした民主党のジョー・バイデン前副大統領(78)が28日、飼い犬「メジャー」と遊んでいた際に足をひねり、右足首にひびが入るけがをした。バイデン氏の政権移行チームが29日、明らかにした。今後数週間は医療用ブーツを履く必要があるとしている。

 バイデン氏は29日に「念のための措置」(政権移行チーム)として、地元デラウェア州で整形外科医の診察を受けた。エックス検査では大事には至らなかったとしていたが、追加でコンピューター断層撮影法(CT)検査を受けたところ、足首の「楔状骨けつじょうこつ」にひびが入っているのが見つかったという。

 今月20日に誕生日を迎えたバイデン氏は来年1月20日に就任すれば米史上最高齢の大統領となる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

<PR情報>

最新記事