文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

今井一彰「はじめよう上流医療 あいうべ体操で元気な体」

医療・健康・介護のコラム

マスク着用による口呼吸、パニック発作に注意 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 「子どもたちに歯肉炎、虫歯が明らかに増えてきた」と、友人の歯科医たちから聞くようになりました。マスクの着用による弊害です。これが長期にわたると歯並びの悪化を引き起こし、鼻疾患や近視の増加につながる恐れがあります。

 マスクが高性能になるほど、編み目が細かくなり、気道の抵抗を高めてしまい、息苦しく感じます。いきおい、楽な口呼吸になってしまうのは仕方がありませんが、それにより起こる副作用にも注意を払う必要があります。今回は、マスクによる弊害を精神的な面から考えていきます。

マスク着用による口呼吸、パニック発作に注意 

過呼吸になると脳血流が低下してボーッとする

 突然の呼吸困難に驚き、息が吸えなくなり、「このまま息ができずに死ぬかもしれない」という恐怖が襲ってきて、しまいに気が遠くなる感じがして、救急外来に駆け込んだり、救急車を要請したりという状態が過換気症候群。これが慢性的に経過すると、パニック障害と診断されることがあります。ストレスが原因とも言われますが、もちろんそれだけじゃない場合も。

 マスクで息苦しくなり、ボーッとするという症状を経験したことがある人は半数以上に上ります(ロッテ調べ)。これは脳温の上昇も原因になりますが、息苦しさから過呼吸気味になってしまうことも要因の一つです。

 スマホを常にいじっていると巻き肩になり、背中を丸めがちです。これでは浅い呼吸を繰り返すことになります。浅い呼吸の難点は、血中の二酸化炭素が減ってしまうこと。血液はpH7.4前後になるよう厳密に保たれていますが、この主役が二酸化炭素です。

血中の二酸化炭素は大事

 地球温暖化では厄介者の二酸化炭素も、人体にとっては減るといろいろな機能がうまく働かなくなってしまうのです。過換気症候群でも血中の二酸化炭素が減ってしまうことにより、血液はよりアルカリ性に傾き、筋肉の動きをコントロールできなくなってしまいます。

 過呼吸は脳血流を減らすという研究もあります。少し濃い目の二酸化炭素を吸わせた人と、呼吸回数を1分間に30回にした人を比べると、後者の人では中大脳動脈という脳に栄養を行き渡らせる大きな動脈が収縮しています。これが、過呼吸によってめまい感がしたり、気が遠くなったりする感じを引き起す原因です。

Cerebral blood flow velocity underestimates cerebral blood flow during modest hypercapnia and hypocapnia より改変

Cerebral blood flow velocity underestimates cerebral blood flow during modest hypercapnia and hypocapnia より改変

成人の呼吸回数 1分間15回を超えたら多い

 マスクにより息苦しさを感じて、浅く速い呼吸を繰り返した結果、脳への血流が減り、ボーッとするという症状が出ることもあるでしょう。常にマスクを着用する新生活様式では、人の表情がうかがえず、コミュニケーションがとりづらい、ソーシャルディスタンスが気になり、人混みが怖い、などコロナ禍で新たなストレスが発生します。知らず知らずのうちに体をこわばらせて、浅く速い呼吸になっていないかチェックすることも必要です。普通、人の呼吸は、成人だと1分間に10~13回程度、これが15回を超えるようだと多いと思ってください。たとえ多かったとしても、呼吸回数を減らすように訓練することで、減らすことができますから心配不要です。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

imai_kazuaki_200-200

今井 一彰(いまい・かずあき)

 みらいクリニック院長、相田歯科耳鼻科内科統括医長

 1995年、山口大学医学部卒、同大学救急医学講座入局。福岡徳洲会病院麻酔科、飯塚病院漢方診療科医長、山口大学総合診療部助手などを経て2006年、博多駅近くに「みらいクリニック」開業。日本東洋医学会認定漢方専門医 、認定NPO法人日本病巣疾患研究会副理事長、日本加圧医療学会理事、息育指導士、日本靴医学会会員。

 健康雑誌や女性誌などに寄稿多数。全国紙、地方紙でも取り組みが紹介される。「ジョブチューン」(TBS系)、「林修の今でしょ!講座」(テレビ朝日系)、「世界一受けたい授業」(日本テレビ系)、「ニュースウオッチ9」(NHK)、「おはよう日本」(同)などテレビやラジオの出演多数。一般から専門家向けまで幅広く講演活動を行い、難しいことを分かりやすく伝える手法は定評がある。

 近著に「足腰が20歳若返る足指のばし」(かんき出版)、「はないきおばけとくちいきおばけ」(PHP研究所)、「ゆびのば姿勢学」(少年写真新聞社)、「なるほど呼吸学」(同)。そのほか、「免疫を高めて病気を治す口の体操『あいうべ』」(マキノ出版)、「鼻呼吸なら薬はいらない」(新潮社)、「加圧トレーニングの理論と実践」(講談社)、「薬を使わずにリウマチを治す5つのステップ」(コスモの本)など多数。

今井一彰「はじめよう上流医療 あいうべ体操で元気な体」の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事