文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

社会

社会

時短始まった「錦三」、人通り少なく

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、名古屋市中区の繁華街で29日、酒を提供する飲食店などを対象に、営業時間の短縮が始まった。期間は12月18日までの20日間。応じた事業者には、愛知県が1日当たり2万円の協力金を支払う。

時短始まった「錦三」、人通り少なく

休業や時短営業の要請で、人通りの少ない繁華街「錦三」(29日夜、名古屋市中区で)=尾賀聡撮影

id=20201129-249-OYT1I50048,rev=4,headline=false,link=true,float=left,lineFeed=true

時短営業のお知らせが貼り出され、人通りの少ない繁華街「錦三」(29日夜、名古屋市中区で)=尾賀聡撮影

 対象は、栄・錦地区と呼ばれる地域。居酒屋などに営業時間短縮(午後9時まで)を求めるほか、業界団体の感染防止指針を順守しない店に対しては、休業を求めている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

社会の一覧を見る

<PR情報>

最新記事