文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

社会

社会

37人参加の会食でクラスター、17人が感染

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 茨城県と水戸市は28日、新型コロナウイルスに66人が感染したと発表した。21日と並んで過去最多。つくば市内の会食で17人の感染が判明し、県はクラスター(感染集団)の発生を認定した。

 感染者の累計は1508人となった。17~28日の12日間で、500人超の新規感染者が判明したことになる。県内では3月17日に最初の感染者が見つかり、1000人を超えたのは8か月後の11月17日だった。

 県が28日に発表した61人のうち、感染経路不明者は25人で4割に達した。

 県発表で感染経路が判明している36人では、つくば市や土浦市などに住む30歳代~60歳代の男女9人は、11月中旬につくば市内で開かれた会食に参加していた。この会食ではすでに8人の感染が確認されている。参加者は37人に上るという。県はクラスターが発生したとしている。

 県内の障害者向け短期入居施設では、利用者の20歳代女性の感染が判明した。この施設では3人目。土浦市内の障害者福祉施設を利用する訓練生の男性(21日発表)と濃厚接触していた。

 土浦市の事業所関連では、取手市に住む50歳代の会社員男性が感染した。同事業所関連では19人目。

 水戸市の発表では、新たに市内に住む5人の感染が確認された。同市で5人以上となるのは9月6日以来。無職の70歳代男性と60歳代女性は、40歳代パート女性(26日に県発表)の両親。同市の男児と女児は、この女性の長男と長女で、市内の公立小学校に通っている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

社会の一覧を見る

<PR情報>

最新記事