文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

松丸奨の「おとなの給食アレンジレシピ」

[ きょうの健康レシピ ]

エクササイズ・健康・ダイエット

サバの竜田揚げ…名前の由来は、紅葉

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 小学校栄養士の松丸奨です。今日は、ジューシーでおいしいレシピ「サバの竜田揚げ」のご紹介です。

 良質な脂でうま味抜群のサバ。塩焼きにしてもおいしい、煮てもおいしい万能選手。

 このサバを竜田揚げにしていきます。しょうゆを使った甘辛の味付けにすると、魚を食べる児童が多いんです。竜田揚げの名前の由来は、紅葉からきているとも言われています。秋も深まり冬の訪れを感じるこの時期、紅葉した葉が落ちる今。まさしくですね。

 サバに含まれる脂の中には、EPA(エイコサペンタエン酸)とDHA(ドコサヘキサエン酸)があります。どちらも、血管や血液の健康に役立ちます。脳の健康にも作用し、子どもからお年寄りまで積極的に食べていきたい食材です。これはイワシやサバなどの青魚の特徴です。

 私が幼いころ「魚は体に良いから食べなさい、魚を食べると頭に良いんだよ」なんて言われていたのも、この良質な脂の効能あっての話なのかもしれません。

 魚の骨が苦手、という人もいるでしょう。サバの骨抜き加工がされたものも売っていますので、そちらを選べば骨が苦手な人でも安心しておいしくいただけます。

 揚げる油はサバの厚みの半分程度、つまりフライパンの底から約0.5cmぐらいの量で大丈夫です。少ない油で作れるのはうれしいポイントですね。ぜひ作ってみてください。

[作り方]

(1) サバに(A)の調味料で下味をつける。チャック付きの保存袋を使用して、空気を抜くようにして閉じておくと味が良くしみます。

(2) たっぷりの片栗粉で衣付けをします。サバ4切れなら大さじ6くらい使用すると良いです。満遍なく、さらっとなるまで片栗粉をまぶすことが、おいしく作るポイントです。

(3) 揚げ油を180度に加熱。薄いきつね色になるくらいまで揚げて完成。

(レシピ作成 栄養士 松丸奨)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

松丸奨の「おとなの給食アレンジレシピ」(金曜日)_20160101_人物大

松丸奨(まつまる すすむ)

東京・文京区立金富小学校栄養士。
1983年、千葉県生まれ。華栄養専門学校卒業。第8回全国学校給食甲子園優勝。塩分やカロリーが控えめで、だしや味つけ、彩りにこだわったレシピ作りに励んでいる。著書に、ママと子の「ごはんの悩み」がなくなる本 体も心も元気にのびのび育つ63の質問(サンマーク出版 )「子どもがすくすく育つ 日本一の給食レシピ」(講談社)

◇◇◇ ご購入はこちら ◇◇◇

松丸奨の「おとなの給食アレンジレシピ」の一覧を見る

<PR情報>

最新記事