文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

露ワクチン、販路拡大へ低価格アピール…有効性も「95%」に引き上げ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 【モスクワ=田村雄】新型コロナウイルスワクチン「スプートニクV」の開発に携わるロシア政府系基金は24日、ワクチン価格は2回の接種分で20ドル(約2090円)以下になると発表した。米製薬大手ファイザーと独企業が共同開発するワクチン(2回で約40ドル)のほぼ半額にあたり、低価格で販路拡大を図る狙いとみられる。

 発表では、最終段階の臨床試験で確認されたワクチンの有効性について「92%」から「95%」に引き上げた。ライバルの欧米勢を念頭に「同様の有効性で価格は半分以下」と強調した。ファイザーは、臨床試験参加者の95%に予防効果が確認されたと発表している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

<PR情報>

最新記事