文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ココロブルーに効く話 小山文彦

医療・健康・介護のコラム

【Track8】コロナストレス対応の現場から(下) 孤独、疑心暗鬼…、施設療養中の男性が経験した「拘禁反応」とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 秋から冬へ、寒さと乾燥が強まるなか、新型コロナウイルスの第3波が押し寄せたようです。今年の春先に経験した「人と関わることへの不安」から、次第に「人と関われないストレス」が社会に増大してきました。今は、ウイルス感染だけでなく、孤独と閉塞感までもが 蔓延(まんえん) しています。感染拡大予防の一環でもある施設療養などの閉鎖的な生活は、人の心にどんな影響を及ぼすのでしょうか。

コロナ陽性で療養施設に入って

Track8 コロナストレス対応の現場から(下) 孤独、疑心暗鬼…、施設療養中の男性が経験した「拘禁反応」とは

 会社員のヨシオさん(47)は、ある休日の朝、目覚めた時に 鼻腔(びくう) (鼻の奥)がひどく乾いていることに異常を感じました。地元の保健所の相談センターから勧められた医療機関を受診すると、PCR陽性と判明しました。

 前夜は、20歳の娘さんと夕食に出かけました。二人とも日頃から人混みや会食等は避け、できる限りのセルフケアには努めていたそうですが、この時は彼女の仕事について、久しぶりにゆっくり語らいました。

 幸いなことに、娘さんら、他のご家族には、検査の結果、陽性者はいませんでした。他に強い症状はないことから、ヨシオさんは療養施設(ホテル)へ入ることになりました。

 突然のことに驚きながらも、冷静に療養生活への準備を始めました。身辺に必要なものや衣類などは、あえて普段使っているものは持ち込まず、最低限のものだけを新調しました。施設内で使ったものを、再び自宅に持ち帰ることが、何となく (いと) われたからです。

孤独感からネガティブな感情に

 療養施設では、毎日午前中にPCR検査があり、検温は1日2回、食事は1日3回ほぼ定時に弁当が配られました。食事の受け取りと検査以外には、室外に出ることは禁じられていました。当初の2日ほどは、ホテルで過ごす静かな時間が意外に新鮮ですらありました。ただ、この単調で自由のない生活に、次第に何とも言えないような寂しさを感じるようになりました。部屋の窓を開けても隣接するビルの壁しか見えません。

 家族や知人とは、いつでもスマートフォンで連絡はできるのですが、徐々にその頻度も減ってきました。

 「家族に陽性者が出たからといって、バツが悪いなどと思うことではないだろう」と頭ではわかっているものの、「社会復帰した時に、迷惑がられないだろうか?」とか、「新型コロナに感染してしまったことで、自身が弱い人間だと思われたくない」など、ネガティブな思いが強くなってきていました。

 体温は上がってきたものの、高くても37度台の後半までの範囲で推移していました。他の療養者の体験談などをネット検索してみると、自身では重症化はないだろうと思いたい反面、これからどうなるか、わからないことへの恐怖感が絶えませんでした。

 スマートフォンのテレビ電話で家族と通話していると、画面に映し出される顔に、日頃覚えたことのない愛情が湧き、後ろに見える見慣れたソファや家具には、もう二度と触れることのないような思いがしたのだそうです。

 療養生活が経過するにつれて、当初の寂しさから、家族や職場に対する申し訳ない気持ちが募り、次第に自閉的な疎外感を覚えることになったのです。

 ホテルへの入所前に会社に状況を連絡した時、充分な療養を勧められ、「必要な時に総務課から連絡する」と言われていました。

 しかし、療養4日目まで、何も連絡はありません。別に不思議なことではないはずですが、当時のヨシオさんにとっては、それが疎外感をいっそう募らせることになったようです。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

koyama-fumihiko_prof

小山 文彦(こやま・ふみひこ)

 東邦大学医療センター産業精神保健職場復帰支援センター長・教授。広島県出身。1991年、徳島大医学部卒。岡山大病院、独立行政法人労働者健康安全機構などを経て、2016年から現職。著書に「ココロブルーと脳ブルー 知っておきたい科学としてのメンタルヘルス」「精神科医の話の聴き方10のセオリー」などがある。19年にはシンガーソング・ライターとしてアルバム「Young At Heart!」を発表した。

 5月14日には、新型コロナの時代に伝えたいメッセージを込めた新曲「リンゴの赤」をリリースする(Amazon Musicなどでは先行配信中)。

ココロブルーに効く話 小山文彦の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事