文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

伊藤清世の「あれ?コレ 介護食 plus」

[ きょうの健康レシピ ]

エクササイズ・健康・ダイエット

かんたんエビしんじょう風…介護食は、普段購入の食材で十分作れる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 こんにちは。在宅訪問管理栄養士の伊藤清世です。

 エビしんじょうといえば、生のエビと卵白、はんぺんなどを加えて滑らかに混ぜ、蒸し上げる料理です。今回は、冷凍のエビシューマイを、エビのすり身の代わりにして作る「エビしんじょう風」のレシピのご紹介です。合わせる食材は、冷凍食品のサトイモなので、難しい下ごしらえも必要ありません。

 シューマイ自体につなぎが入っているため、混ぜるだけでまとまりよく仕上がります。ただ、少しべたつきが出るので、少量のゴマ油を混ぜることで、べたつきが軽減され、さらに、あんと絡めて食べることで、のど越しもよくなります。

 片栗粉を薄くまぶして、油でカリッと揚げれば、幅広い年代の方に食べていただけるメニューになります。

 冷凍のサトイモも、シューマイも、けっして特別な食材ではなく、気軽に購入でき、食べられる食材です。介護食は、普段購入する食材でも十分に作ることができるものだというふに、視点を変えると、作り手の負担も軽くなるのではないでしょうか。

[作り方]

(1) 冷凍サトイモは、凍ったまま耐熱容器に入れ、サトイモの半分くらいまでの水を入れる。ラップをせず電子レンジで2~3分加熱する。一度取り出して上下を返して、1~2分同様に加熱する。硬さを確認して、時間を追加する。

(2) エビシューマイは袋に記載されている通りに温める。

(3) ポリ袋に(1)と(2)と、ゴマ油、乾燥エビの粉末を入れて、滑らかになるようにつぶす。滑らかになったら、4等分し、ラップで茶巾のように包む。

(4) 小鍋に(A)の材料を入れ、中火でかき混ぜながら加熱し沸騰させる。とろみがついてきたら火を止める。

(5) 器に盛り、トッピングに解凍した冷凍オクラを飾る。

※かむ力、のみ込む力には個人差があります。食べる機能を確認しましょう。

(レシピ作成 在宅訪問管理栄養士 伊藤清世)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ito3

伊藤清世(いとう きよ)

在宅訪問管理栄養士・介護食アドバイザー
委託給食会社で病院・高齢者施設・保育所等の調理業務、総合病院の管理栄養士を経て、現在は仙台市の「ないとうクリニック複合サービスセンター」で在宅訪問管理栄養士として活動中。また、地域での講演活動を通じ、かむ、のみ込む力が低下した方にも喜ばれる、食べやすくおいしい食事作りを提案している。

伊藤清世の「あれ?コレ 介護食 plus」の一覧を見る

<PR情報>

最新記事