文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

医療大全

下肢静脈瘤<3>ストッキング正しく着用

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
下肢静脈瘤<3>ストッキング正しく着用

弾性ストッキングをはくA子さん。「プロに選んでもらったので安心です」

 「自分に合うサイズを購入できました」

 10月下旬、神奈川県横須賀市の主婦A子さん(83)はひざ下丈の弾性ストッキングを手に、満足そうに話した。弾性ストッキングは、締め付ける力(圧迫圧)が強い。足を圧迫して血流を改善し、むくみやだるさを軽減する。

 A子さんが初めて弾性ストッキングをはいたのは20年ほど前だ。両足がむくみ、医師の診察を受けた。「静脈 りゅう の始まり。症状を和らげるため、弾性ストッキングをはくとよいでしょう」と言われた。夫が、太ももまである丈の長いタイプを見つけ、買ってきてくれた。

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療大全の一覧を見る

<PR情報>

最新記事