文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

佐藤純の「病は天気から」

医療・健康・介護のコラム

低気圧が近づくと頭や首・肩が痛くなる…天気の変化を感じるのは「耳」だった

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ほ乳類にも気圧を感じる能力がある?

 渡り鳥の場合、次に羽を休める地点まで飛び続ける必要があるわけですから、天候の予知は、彼らの生死にかかわる重要な問題ですね。また、ハ虫類のワニ、両生類のカエル、昆虫の仲間にも、気圧を感じて天気の崩れを予知する能力があるという説もあるようです(湿度の変化を感じているという説も)。一方、ほ乳類に気圧を感じる能力があるかどうかは明らかになっていませんが、「猫が顔を洗うと雨が降る」などの言い伝えもあり、私たち人間に天気痛が生じることもよく知られていることから、鳥類などと同じように気圧の変化を感じている可能性があると言われてきました。この問題を、慢性痛の治療の面から長年取り組んできた私たちのグループは、ほ乳類であるマウスの内耳にも、気圧を感じる部位と機能があることを、世界で初めて突き止めました。

内耳が天気の崩れを感じ取る

 実験結果は以下です。

 マウスを低気圧装置に入れて、天気の変化に相当する微小な低気圧に、一定時間、暴露します。その後、脳を取り出し、内耳の前庭器官からの情報が伝わる延髄という場所の神経活動を観察。それにより、主に内耳の半規管からの情報が集まる神経細胞が興奮する証拠を発見しました。

 この研究成果から、私たち人間においても、前庭器官が天気の崩れによる気圧の微妙な変化を感じ取り、脳にその情報が伝わって自律神経のストレス反応が起きた結果、古傷や持病の痛みを呼び覚ましたり、めまいや気分の落ち込みといった不調が生じたりするのだと考えられます。これまで、平衡感覚のみを感じていると考えられてきた内耳に、気圧の変化を感じる能力があることが分かったのです。

 今後も研究を続け、どのようなメカニズムで前庭器官が気圧の変化を感じ取るのかを明らかにしていきます。また、このメカニズムを明らかにすることで、天気痛の有効な治療法の確立につなげていきたいと思っています。(佐藤純 愛知医科大学学際的痛みセンター客員教授)

2 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

sato-jun_prof

佐藤 純(さとう・じゅん)

 愛知医科大学医学部学際的痛みセンター客員教授。中部大学教授。
 1958年、福岡県久留米市生まれ。東海大学医学部卒業後、名古屋大学大学院医学系研究科で疼痛とうつう生理学、環境生理学を学ぶ。同大学教授を経て、現職。2005年より、愛知医科大学病院痛みセンターにて、日本初の気象病外来・天気痛外来を開設。

佐藤純の「病は天気から」の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事