文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

精子から見た不妊治療

医療・健康・介護のコラム

精子サプリは自然のものだから安心? 補充療法の限界

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 連載初回に「精子サプリメント」の話をしました。サプリメント(supplement)は「補充」を意味し、ここでは、精子を造るのに足りない物質を「補充」することを指します。薬(医薬品)とサプリメントの違いに簡単に触れておきましょう。

「医薬品は危険である」は正しい

サプリは自然のものだから安心? 貧血に過剰な鉄補充は有害

 法律で、医薬品は「病気の診断、治療、予防に使用することを目的とした薬品」、一般にサプリメントは医薬品以外の成分を指し、「食品」と定義されています。

 みなさんとお話ししていて、「医薬品は人工的で危ない感じがするけど、サプリメントは自然のものだから安心」というイメージがあるように感じます。

 「医薬品は危険である」というのは本当です。よく効く薬ほど副作用も強く、使い方を間違えると大変危険ですので、専門家が管理します。同時に「自然のものだから安心」というのも誤りです。フグの毒もコブラの毒も自然のものです。サプリメントは食品ですから、ご本人の判断で「食べて」もさほど危険がありませんが、裏返せば治療効果はあまり期待できません。

貧血の原因は様々

 血液中の赤血球が少なくなる貧血を例に、補充療法を説明しましょう。赤血球には鉄を含むヘモグロビンが詰まっており、呼吸で取り入れた酸素は、この鉄に結合して体の隅々に運ばれます。鉄が足りないとヘモグロビンが造れず、貧血になります。足りないものを補って治療しようとする考え方は、数千年前の漢方医学に記された「 以形補形(いけいほけい) 」が原点です。例えば、肝臓の働きを助けるには、他の動物のレバーを食べれば良い、と考えました。

 みなさんは、「貧血=鉄が足りない」とお考えになるかもしれませんが、貧血の原因は、特殊なビタミンの不足、腎臓の障害、お薬の副作用など様々です。鉄の補充が有効なのは、鉄が足りない場合だけであり、かといって鉄を補充すればするほど、赤血球がたくさんできるわけでもありません。取りすぎると鉄過剰症になります。

 鉄の摂取を制限しなくてはならない病気があります。肝臓は、鉄の倉庫です。C型慢性肝炎になると、鉄貯蔵を調節する仕組みに異常が起き、肝細胞に鉄が過剰に蓄積してしまいます。これがヒドロキシラジカルという最も危険な活性酸素を生み出し、肝細胞のDNAを傷つけ、ひいては肝がんの発生に影響を与えると考えられています。そこで、食事からの鉄摂取を制限して、鉄の過剰蓄積を回避し、肝細胞を守ります。

レバーの過食はお勧めできない

 ここでちょっとレバーのお話をしましょう。レバーの赤い色は、いかにも貧血に良さそうです。ネズミの肝臓に管を入れ、血管内の血液を洗い流して実験することがあります。実は、血液を抜いた肝臓は半透明で、あのレバーの赤い色は血液の色だったのです。

 肝臓は「鉄の倉庫」とお話ししたように、確かにレバーを食べることは鉄摂取に有効です。それでも、産婦人科では、妊娠3か月以内の方や妊娠の可能性のある女性は、レバーを過剰に摂取しないようにお話しします。レバーには高濃度のビタミンAが含まれ、胎児に悪い影響があるからです。レバーの過食は妊娠していない方にもお勧めできません。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

seishi-funin

精子から見た不妊治療

兼子 智(かねこ・さとる)
東京理科大大学院、慶應大大学院修了。薬学博士、医学博士。東京歯科大市川総合病院産婦人科非常勤講師


黒田 優佳子(くろだ・ゆかこ)
慶應大医学部卒、同大学院修了。医学博士。「黒田インターナショナル メディカル リプロダクション」院長


萩生田 純(はぎゅうだ・じゅん)
慶應大医学部卒。博士(医学)。東京歯科大市川総合病院泌尿器科講師


中川 健(なかがわ・けん)
慶應大医学部卒。医学博士。東京歯科大教授,同大市川総合病院副院長、泌尿器科部長、副リプロダクションセンター長


高松 潔(たかまつ・きよし)
慶應大医学部卒。医学博士。東京歯科大教授,同大市川総合病院産婦人科部長、リプロダクションセンター長

過去コラムはこちら

精子に隠された「不都合な真実」

精子から見た不妊治療の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事