文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

常喜眞理「女のココロとカラダ講座」

妊娠・育児・性の悩み

「人食いバクテリア」の異名も…溶連菌、大人も喉の痛みと発熱

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 昨日から喉が痛く、昨夕から悪寒がして38.5度の発熱があったと言って、20歳代後半のCさんが来院された。熱が出始めておおよそ1日経過しているが、来院時は37度ちょうどだった。今シーズンは発熱・咽頭痛といえば、コロナやインフルエンザを疑う。しかしそれ以外のウイルスや細菌による感染症の可能性もあり、慎重な対応が必要だ。

急な悪化で窒息

「人食いバクテリア」の異名も…溶連菌、大人も喉の痛みと発熱

 コロナもインフルも他のウイルス感染でも似たような症状があらわれる。喉を見せてもらうと、全体に真っ赤に腫れていた。 扁桃腺(へんとうせん)() みはなかったが、粘膜のむくみが強い。インフル検査、コロナPCR検査、血液検査、溶連菌検査をしたところ、その場でわかるインフル検査は陰性、溶連菌検査が陽性だった。

 コロナが同時に感染していないとは言い切れない時代だが、まずは溶連菌による咽頭炎を治療しなければならない。治療は抗生物質の内服だ。Cさんがペニシリンという抗生物質にアレルギーがないことを確認して処方した。

 喉の腫れが結構ひどいので、もし夜に腫れがひどくなり、口を大きく開けられなくなったり、息苦しいと感じる場合は、すぐに夜間救急に行くよう伝えた。腫れが急に悪化すると、喉頭浮腫という喉を塞いで息ができなくなってしまう状態になることがあるからだ。皆がなるわけではないので怖がることはないが、息がしにくいほど喉の腫れを感じたら、すぐ大きな病院に行ってほしい。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

joki-mari

常喜 眞理(じょうき・まり)

 家庭医、医学博士
 1963年生まれ。東京慈恵会医科大学卒業。消化器病学会専門医、消化器内視鏡学会専門医・指導医、内科学会認定医、日本医師会認定産業医。院長を務める常喜医院(内科、皮膚科)での診療のほか、慈恵医大新橋健診センターでは診療医長として健康診断(人間ドック)の内科診察を行い、婦人科や乳腺外科の診断を担当する。様々な大手企業の産業医でもあり、職場におけるメンタルヘルスのサポートを長年行っている。著書に「オトナ女子 あばれるカラダとのつきあい方」(すばる舎)。現在、BS-TBS「Together」に準レギュラー出演中。

常喜眞理「女のココロとカラダ講座」の一覧を見る

<PR情報>

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事