文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

医療大全

下肢静脈瘤<1>血管内を焼き 逆流改善

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
下肢静脈瘤<1>血管内を焼き 逆流改善

薬剤師として働く大徳さん。「治療のおかげで足首の左右差がなくなりました」と喜ぶ

 千葉県成田市の薬剤師大徳秀幸さん(58)は10年ほど前、左足のむくみに気づいた。地元の総合病院の皮膚科で超音波検査を受けた。

 「下肢静脈 りゅう ですね」

 足の表面近くにある静脈の流れが滞り、血管がコブのように浮き出る病気だという。血管内の弁が壊れて起きる。たまった血液中の水分が周囲の組織にしみ出し、むくみを招く。だるさや痛みを感じる人もいる。

 「命に関わることはない」と聞いて安心したが、少しずつ悪化してきた。くるぶしの上の皮膚が黒ずみ、かゆみも伴った。ひっかくと傷になり、体液や血液が出てきて、潰瘍ができた。

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療大全の一覧を見る

<PR情報>

最新記事