文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

「Go To イート」4人以下、政府要請…国内新規感染は連日最多更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 東京都は19日、新型コロナウイルスの感染者が新たに534人確認されたと発表した。1日の感染者が500人を超えるのは初めてで、都は同日、独自の感染警戒レベルを最高に引き上げた。国内の新規感染者数は、2386人で過去最多となり、8都道府県で最多を更新。政府は飲食店支援事業「Go To イート」について、適用を「原則4人以下」の利用に制限するよう全国の知事に要請した。

「Go To イート」4人以下、政府要請…国内新規感染は連日最多更新

新型コロナウイルスの1日の感染者が500人を超えた都内で、マスクをして街を歩く人たち(19日午後、東京都渋谷区で)=川口正峰撮影

 東京都は同日、専門家を交えたモニタリング(監視)会議を開催。感染状況を評価する都独自の警戒レベルを、4段階のうち最も深刻な「感染が拡大している」に変更した。感染警戒レベルが最高になるのは、約2か月ぶりだ。小池百合子都知事は臨時の記者会見を開き、感染防止策の再徹底を呼びかけた。

id=20201120-249-OYT1I50026,rev=6,headline=false,link=true,float=left,lineFeed=true

 一方、飲食店などへの営業時間の短縮要請について、小池知事は「(感染の拡大防止に)効率的な方法は何かということで、行動変容をお願いしたい」と述べ、会食時の注意点などを説明。時短要請を実施する考えを示さなかった。

 都によると、19日までの1週間の平均感染者数は355・1人に上り、前週の269・3人から3割超も増加。感染経路が特定できない人は204・4人で、前週の155・4人から大幅に増えた。感染者が増加している背景には、検査数が増えていることも要因の一つに挙げられる。

 一方で、都の基準による19日時点の重症者数は38人と横ばいで推移していることなどから、医療提供体制の警戒レベルは、4段階中、2番目に深刻な「体制強化が必要」に据え置いた。

 国内の新規感染者は、42都道府県と空港検疫で確認された。18日の2201人を上回り、2日続けて過去最多となった。都道府県別では、東京と大阪(338人)、北海道(267人)、愛知(219人)、兵庫(132人)、千葉(106人)、山口(18人)、和歌山(15人)の8都道府県で最多を更新した。

 菅首相は19日、感染状況について「最大限の警戒状況にある」と指摘し、「飲食の際も会話時にはマスクを着用し、『静かなマスク会食』をお願いしたい。私も今日から徹底したい」と呼びかけた。首相官邸で記者団の質問に答えた。

 政府からの要請を受け、千葉県や埼玉県、大阪府などが、「Go To イート」での飲食店利用に人数制限を設ける方向だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

<PR情報>

最新記事