文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

Dr.えんどこの「皮膚とココロにやさしい話」

医療・健康・介護のコラム

内服薬のせいで体中に発疹が出る「薬疹」 刑事のごとく聴き取る問診で原因探し

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
内服薬のせいで体中に発疹が出る「薬疹」 刑事のごとく聴き取る問診で原因探し

 こんにちは。皮膚科医のえんどこです。

 薬疹という皮膚疾患があります。ひょっとしたら、読者の皆さんの中でもご経験ある方がいらっしゃるかもしれません。自分が内服した薬剤のせいで、体中に発疹が出てきてしまうものを言います。正しくは、内服した薬剤もしくは、その代謝産物によって生じた発疹のことです。

 発疹が体中に出現しますので、病気といえば病気ですが、考え方によっては、必ずしもそうとも言い切れないような気もします。このような、薬疹を疑うような発疹を診た際には、我々皮膚科医はまず「最近、飲み薬が新しく増えたり、別の薬に変更されたりしませんでしたか?」と問うのが一般的です。原因としては、発疹の出る直前に追加や変更された薬剤の可能性が高いからです。

まずは追加、変更した薬剤を確認

 もし質問通りの返事であれば、新しく追加された薬剤や変更された薬剤を確認して、処方した先生に薬剤の中止または変更を依頼します。追加や変更がない場合には「病院で処方された薬剤以外に、市販の薬剤やサプリメント、もしくは置き薬などを内服したとかはありますか?」ともう少し突っ込んだ質問をします。毎日内服する薬剤以外のものが原因であることも少なくないからです。

 実際、その原因が、ひどい生理痛の時にのみ内服している市販の鎮痛薬であったこともありましたし、お年寄りが頭痛時に内服していたいわゆる“置き薬”であったこともありました。このようなプロセスを踏みながら、少しずつ原因にたどり着いていくわけです。他の皮膚疾患と決定的に異なる点は、最も重要なのが「問診」だということです。いわゆる原因薬剤の絞り込みですね。ここに最も時間をかけるといっても過言ではないくらいで、本当に重要です。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

20190219-kendo-prof200

遠藤 幸紀(えんどう・こうき)
皮膚科医。東京慈恵会医科大学皮膚科講師。乾癬かんせんという皮膚疾患の治療を専門とし、全国の乾癬患者会のサポートを積極的に行っている。雑学やクイズに興味があり、テレビ朝日「Qさま!!」の出場歴も。

Dr.えんどこの「皮膚とココロにやさしい話」の一覧を見る

<PR情報>

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事