文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

【1】ギャンブルの沼 5 闇カジノの誘惑とワナ

シリーズ「依存症ニッポン」

闇カジノの誘惑とワナ(中) 都会のいたるところに違法ギャンブルが 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

「スカウト」のバイトで、また「あぶく銭」を

闇カジノの誘惑とワナ(中) 都会のいたるところにある違法ギャンブル 

大阪ミナミは「スカウト」の仕事場だった

 これといったビジョンもないまま、なんとなく通い始めた大学だったが、意外とおもしろい人間が集まっていた。飲み会ばかりをやっているような遊び人のサークルに所属して、ふわふわと毎日を過ごしていた。パチスロで稼いだ金はたくさんある。同級生に「舎弟分」を作ったおかげで、授業の出席日数もリポートの提出も心配なかった。

 1年生の秋になり、サークルで知り合った友人に、水商売の「スカウト」のバイトを紹介された。ミナミの繁華街などで、道行く女の子に声をかけて、キャバクラや風俗店などに紹介し、「スカウトバック」(紹介料)を受け取る。まったくの素人に声をかけるだけではなく、どこかの店で働いている女の子から話を聞き、不満があるようなら、もっと条件のいい別の店へと斡旋する「ヘッドハンター」の役割が大きかった。

 現在は、自治体の迷惑防止条例などで、街頭でのスカウト行為は規制されるようになってはいるが、当時の繁華街のあちこちでは、彼らが 跳梁(ちょうりょう)跋扈(ばっこ) する姿が必ず見られた。

 タイガ自身、女の子受けするルックスに恵まれ、しゃべりもうまい。おもしろいように成果を上げた。風俗店に体験入店させた女の子がしばらく出勤すれば、紹介先からまとまった金が転がり込んでくる。「割のいいコンサル(タント)みたいなもんでしたよ」と回想するように、100万円、200万円を稼ぎ出す月もあった。

 ちょうどそのころ、パチスロには変革期が来ていた。「射幸性が高すぎる」と批判の対象にされた4号機が規制され、後継機として導入された5号機は、出玉の爆発力に欠けたことで、タイガにとって「まったく稼げない」機種になっていた。だが、金のために、長い時間、騒々しいくせに無機質なマシンにしがみつく必要などもうない。

 2000年代前半。遠い過去となっていた「バブル」が産み落としたモンスター「デフレ」は、まだまだ不死身の姿で、日本経済を食い散らかしていた。就職を控えた大学の先輩たちは、「超氷河期」にぶち当たり、文字通り、身が凍り付くような日々を送っていた。

 タイガにとっては、そんな時代もどこ吹く風。スカウトのバイトには、ゲームのような興奮があり、金に不自由することもなかった。

「パチスロよりも、おもしろいギャンブルがあるよ」

 05年。タイガはちょうど20歳になった。成人までは、スイスイと世の中を渡ってきた彼にとって、少し先に目の前で口を開けている深い沼の存在など想像さえできなかった。

 そもそものきっかけは、スカウトの仕事を紹介してくれた友人が、「パチスロなんかよりも、おもしろいギャンブルがあるよ」と教えてくれたことだった。

 闇カジノだった。

 人は普通に生活していれば、違法の賭博場などとは生涯無縁だが、現実には、かつても今も大都市圏の繁華街には、たくさん隠れて営業しているという。それだけのニーズがあるということだ。

 たとえば、闇スロット。

 すでに射幸性の高さで街のパチスロ店からは撤去された違法な4号機を置き、「ぬるい5号機」に飽き飽きしていた客を引き付ける。

 「闇スロ」で使われるのは実際のメダルではなく、デジタル管理されているクレジット。一般のパチンコ店同様のレートなら、1クレジットは20円で、1万円支払えば500クレジット(500枚のメダル分)が自分の台にセットされる。やめる場合には、店員に「アウトお願い」と言えば、残ったクレジット分を精算し、現金を持ってきてくれる。もちろん、街のパチンコ店のように、お菓子やたばこを置いた景品交換所などはない。

 しかも、「闇」の場合、1クレジットが20円とは限らない。中には40円や100円、さらに200円、300円といった超高額レートで客を遊ばせる店もある。勝てば一獲千金だが、あっという間に大金を失うことも珍しくない。最近、大手芸能事務所に所属する男性タレントが、違法の闇スロ店に出入りしていたことが発覚し、ニュースになったばかりだ。

 そして闇カジノ。バカラ、ルーレット、ポーカー、ブラックジャックなど、ラスベガスやモナコさながらのギャンブル天国だ。

 運営の背後に、通称「ケツ持ち」と呼ばれる反社会勢力、つまり暴力団が存在している店がある。比較的、設備投資などが低くすむため、重要な資金源、いわゆる「しのぎ」として、「反社」が直接運営している闇カジノも少なくない。

 「時々、新聞に摘発のニュースが出ますが、もぐらたたきみたいなもの。今でも、東京の歌舞伎町や大阪のミナミなんかを歩いていると、『この雑居ビルの中には、絶対に闇カジノがあるな』と直感的にわかるんです」とタイガは話す。

闇カジノの魅力に

 スカウト仲間に誘われたタイガは、初めてミナミの闇カジノに足を踏み入れた。金儲けの手段だったパチスロは別にしても、遊びで打つパチンコやマージャンなど、賭け事は嫌いではない。だが、初めての闇カジノには、それまで感じたことがないような、心地よい緊張感が充満していた。とくに、初めて経験した「バカラ」には、あらがえない魅力を覚えた。

 トランプを使うギャンブルのバカラは、仮想の「プレーヤー」か「バンカー」のどちらが勝つかを予想するゲームだ。海外の本場カジノでも、もっとも大きな勝負が繰り広げられる場として知られている。

 あくまでも、直感と場の流れを読み合うだけ。きわめてシンプルなルールであり、競馬や競輪、麻雀などのような論理的戦略は存在しない。だが、スピーディーに進行するゲームの流れに乗ってベット(賭け)を続けていると、いつの間にか我を忘れ、自分の理性や判断力はズタズタにされてしまう。

 言うまでもないが、ギャンブルの場合、ベット額の大きさは、そのまま興奮度の高さに比例する。街のパチンコ店なら、朝から晩まで粘って、負けが込んだとしても10万円程度。闇カジノのバカラなら、わずか2、3分の勝負に30万でも50万でも、それ以上でも賭けられる。勝てばリターンが大きいが、大金を失うのもあっという間だ。

 たとえば、スカウトの仕事が終わり、タイガが仲間と 寿司(すし) でも食べていると、「ちょっと『絞り』にいくか」となる。「絞る」は、「バカラをする」の隠語。ゲーム中、配られたトランプの絵柄を確かめるために、ぐっと隅を曲げて中を見る動きから来ているのだろう。

 「闇カジノに来ている客はカタギがほとんど。いわゆるヤクザ者はほとんど遊んでいません。IT長者っぽい人、羽振りのよさそうな風俗店の経営者なんかがテーブルにいました」

 タイガには、賭けられる 現金(タマ) が十分にあった。余裕をもって遊んでいる限り、ギャンブルは楽しい。負けが続けばスロットやスカウトで稼いだ金は減っていくが、「あぶく銭」だったから、さほど惜しいとも感じなかった。

闇カジノの誘惑とワナ(中) 都会のいたるところにある違法ギャンブル 

ギャンブルを封印して、会社員になったが

 いつの間にか、タイガは大学4年生になっていた。高校卒業時に獲得したモラトリアムも、まもなく終了する。ときには闇カジノで散財することはあったものの、スカウトのバイトのおかげで、金の心配はなかった。とはいえ、いつまでもフラフラしているわけにはいかない。脳裏には、親の顔もちらついた。

 周囲に倣って、就職活動をしてみた。口は達者で、人あしらいが抜群にうまい。面接では、採用担当者に「自分をとらないと損だ」と感じさせてしまう。

 08年のリーマンショック寸前だった。バブルの後遺症からようやく回復基調に乗り始めた日本の景気が、再びヘビー級のカウンターパンチを食らう前だったことも味方した。結果、たいした苦労もせずに、大阪府内の建設機械レンタル会社から内定を受けた。れっきとした上場企業だった。

闇カジノの誘惑とワナ(中) 都会のいたるところにある違法ギャンブル

サラリーマンになったものの…

 サラリーマン生活が始まった。大阪府内の事業所に配属されるなり、すぐに自分の能力不足に直面することになる。事務処理、電話応対、営業用の資料作り……。あらゆる雑務が降りかかってきた。要領の良さだけで切り抜けられるほど、現実社会は甘くはない。

 タイガにしてみれば、職場の先輩たちは、見るからに「ダサい連中」だったが、仕事の手際となると、まったくかなわなかった。

 「先輩は資料を作っても、自分よりも早くて正確。営業も的確にこなしていく。ついでにメシを食うのも早い(笑)。とはいえ、ここで負けたり、逆ギレして暴れたりすれば、自分がダサくなるなと感じました」

 ダサい自分――。それだけは我慢ならなかった。朝から晩まで必死になって、仕事を覚え込んでいった。もちろん、ギャンブルは完全に封印した。

 「普通のサラリーマン」として、学生時代とは対象的に真面目な毎日を送っていた。ところが、「ギャンブルの沼」は、すぐ近くでタイガが来るのを待っていた。

 しかも、深く、冷たい、最悪の沼だった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

someya_prof

染谷 一(そめや・はじめ)

読売新聞東京本社メディア局専門委員
 1988年読売新聞社入社、出版局、医療情報部、文化部、調査研究本部主任研究員、医療ネットワーク事務局専門委員などを経て、2019年6月から現職。

シリーズ「依存症ニッポン」の一覧を見る

<PR情報>

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

【1】ギャンブルの沼 5 闇カジノの誘惑とワナ

最新記事