文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

Dr.高野の「腫瘍内科医になんでも聞いてみよう」

医療・健康・介護のコラム

がん患者も運動した方がいいのでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
がん患者も運動した方がいいのでしょうか?

イラスト さかいゆは

 がん患者さんから、運動についての質問をよく受けます。

 「がんがあっても、治療中でも、運動してよいのでしょうか?」

 「運動した方が、がんの再発予防になるのでしょうか?」

 「運動しなければいけませんか?」

 がん患者さんの病状や体調もいろいろですし、運動への考え方もいろいろですので、一律にこうすべき、という答えはありません。

 「運動してもいいですか?」なのか、「運動しないとダメですか?」なのか、質問のしかたにも気持ちは表れていますが、私は、そんな気持ちもくみ取りながら、こう答えます。

気分よく過ごすことが一番

 気分よく過ごすことが一番です。楽しく運動できて、運動後の疲労も心地よく感じられるなら、好きなだけ体を動かすといいと思いますよ。

 でも、体を動かすのもしんどくて、ぐったりしてしまうようだったら無理はしない方がいいでしょう。そもそも、体を動かすのに医者の許可なんていらないので、私に聞くよりも、むしろ、自分の体の声に耳を傾ける方がいいかもしれませんね。

 運動好きの方であれば、どんな運動をしたいのかお伺いして、スポーツ談議になったりします。ちなみに、私は、学生時代はボート部で激しく運動していましたが、今は、通勤の自転車でも息を切らしているくらいです。

ほどよい運動は「体によい」 厚労省も推奨

 なお、通勤など、日常生活上の体の動きを「生活活動」、日常生活以外のスポーツなどを「運動」と呼び、この二つをあわせて「身体活動」と呼ぶのが、厚生労働省の定義です。 「健康づくりのための身体活動基準2013」では、18~64歳の方に、歩行またはそれと同程度以上の「身体活動」を毎日60分、息が弾み汗をかく程度の「運動」を毎週60分行うことを推奨しています。

 身体活動を増やすことによって、心血管疾患や糖尿病などの生活習慣病を減らせるほか、がんになるリスクも、わずかながら減らせる可能性が示唆されています。ほどよく体を動かすことは、確かに、「体によい」ようです。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

takano_toshimi_120-120

高野 利実 (たかの・としみ)

 がん研有明病院 乳腺内科部長
 1972年東京生まれ。98年、東京大学医学部卒業。腫瘍内科医を志し、同大付属病院で研修後、2000年より東京共済病院呼吸器科医員、02年より国立がんセンター中央病院内科レジデントとして経験を積んだ。05年に東京共済病院に戻り、「腫瘍内科」を開設。08年、帝京大学医学部付属病院腫瘍内科開設に伴い講師として赴任。10年、虎の門病院臨床腫瘍科に最年少部長として赴任し、「日本一の腫瘍内科」を目標に掲げた。10年間の虎の門時代は、様々ながんの薬物療法と緩和ケアを行い、幅広く臨床研究に取り組むとともに、多くの若手腫瘍内科医を育成した。20年には、がん研有明病院に乳腺内科部長として赴任し、新たなチャレンジを続けている。西日本がん研究機構(WJOG)乳腺委員長も務め、乳がんに関する全国規模の臨床試験や医師主導治験に取り組んでいる。著書に、かつてのヨミドクターの連載「がんと向き合う ~腫瘍内科医・高野利実の診察室~」をまとめた、「がんとともに、自分らしく生きる―希望をもって、がんと向き合う『HBM』のすすめ―」(きずな出版)がある。

Dr.高野の「腫瘍内科医になんでも聞いてみよう」の一覧を見る

<PR情報>

最新記事