文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

医療大全

近視のいま<4>眼内コンタクトで矯正

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
近視のいま<4>眼内コンタクトで矯正

 近視の矯正治療法として、眼内コンタクトレンズ(ICL)が近年注目されている。手術は自費で60万~80万円と高額だが、治療後は手入れが不要という利点がある。

 川崎市の会社員田中繁行さん(39)は中学生の頃から、コンタクトレンズを着けるようになった。裸眼視力は右目0・1で左目0・01。紛失に備えて予備レンズを持ち歩き、毎日の着け外しも煩わしかった。

 7年前、レーザーで角膜を削って視力を矯正するレーシックを受けようとしたこともあった。しかし、術前検査で左目の角膜が薄すぎて削る余地がないとわかり、治療を断念した。

 そんな田中さんが東京駅前の「サピアタワーアイクリニック東京」でICLの手術を受けたのは昨年12月下旬。職場内の雑談でICLの存在を知ったのがきっかけだった。

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療大全の一覧を見る

<PR情報>

最新記事