文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

医療大全

近視のいま<3>睡眠中 角膜の形整える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
近視のいま<3>睡眠中 角膜の形整える

 ハンドボールを投げ、格好良く側転し、本気で鬼ごっこ――。茨城県つくば市の小学5年生高橋 颯輝さつき 君(10)は毎週木曜の夕方に行われるスポーツ教室を何よりも楽しみにしている。

 颯輝君は中程度の近視があるが、メガネをかけなくても何の支障もない。視力矯正法「オルソケラトロジー(オルソ)」を活用しているからだ。

 オルソは、専用のハードコンタクトレンズを睡眠中に目に装着して角膜の形を整え、ピントが合うように調整する治療法だ。朝起きてレンズを外した後も、角膜の形は1日程度保たれ、視力が矯正される。

 軽度から中程度の近視が対象となる。角膜はまた元の形に戻るので、毎晩着用する必要がある。また、きちんとレンズの洗浄をしないと結膜炎などになる恐れもある。

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療大全の一覧を見る

<PR情報>

最新記事