文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療ルネサンス

医療ルネサンス

近視のいま<2>目の使い方を「見える化」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
近視のいま<2>目の使い方を「見える化」

メガネの側面に測定機器「クラウクリップ」を装着したA君(東京医科歯科大提供)

 東京都内の小学2年生A君(8)は8月、メガネを新調した。昨年5月に作ったばかりだが、両目とも0・1だった裸眼視力は0・07に落ちていた。

 A君が近視になったのは幼稚園の年長の頃。小学校に入学して、教室の後ろの席から黒板の文字が見えにくかった。

 なぜ急に悪化したのか――。父親(53)には思い当たる節があった。新型コロナウイルスの影響で生活が変わったことだ。3~5月は小学校が休校になり、A君はほとんど自宅で過ごした。学校の課題を解くためにタブレット端末に向かい、暇つぶしに動画サイトなどを見る時間も増えた。

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療ルネサンスの一覧を見る

<PR情報>

最新記事