文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療相談室

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

自己免疫性膵炎の診断

 小さいがんを見つけるPET/CT検査で「自己免疫性 膵炎すいえん 」と診断されました。特に症状はなく投薬も受けていません。医師は「黄だんが出始めたらステロイド薬を飲む治療をする」と言います。病気について教えてください。(71歳男性)

黄だん出たらステロイド

神沢 輝実(てるみ)  東京都立駒込病院院長(消化器内科)

 自己免疫性膵炎は、免疫反応の異常で膵臓が腫れる病気で高齢の男性に多く発症します。PET検査は、がんがあると陽性になりますが、多数の炎症細胞が集まる自己免疫性膵炎でも陽性になります。典型的な自己免疫性膵炎は膵臓が全体的に腫れます。腫れが局所的な場合は膵臓がんと間違いやすく鑑別が重要です。

 自己免疫性膵炎は、血液中の免疫たんぱくの「IgG4」が増え、診断の目安になります。膵炎で通常みられる激しい腹痛は少なく、膵臓の体部や尾部のみが腫れた場合は多くが無症状です。ステロイド薬には糖尿病や骨粗しょう症の発症などの副作用があり、無症状では治療はせず、経過観察が多くなります。

 この間、飲酒は控え、定期的に血液検査と、エコーや磁気共鳴画像(MRI)の画像検査を受けることをお勧めします。

 炎症が、十二指腸や胆管などと接する頭部まで進むと、胆管が詰まって黄だんがしばしばみられます。肝臓などに悪影響が出るので治療が必要になります。

 炎症を抑えるステロイドがよく効き、通常数週間で改善し始めます。プレドニゾロンという薬を1日6~8錠、2~3週間内服後、徐々に薬の量を減らします。ただ、多くは、再発防止のために1日1錠程度のステロイドの内服をしばらく続けます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療相談室 新着回答

一覧へ

相談を投稿する

オンライン相談の投稿ができるのは、読者会員に限ります。

  • 相談と回答は紙面に掲載されることもあります。すべての相談にはお答えできません。また、個別には回答いたしません。

直接相談する

24時間電話医療相談サービス

相談するには

オンライン相談の投稿ができるのは、読者会員に限ります。読売新聞ご購読者で読者会員登録をされた方が、有料(プラス)登録すると、電話による医療相談が24時間365日ご利用いただけます(相談料・通話料は無料)。

読売新聞読者会員の有料登録は、月額200円(税抜き)です。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

<PR情報>