文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

子どもの健康を考える「子なび」

医療・健康・介護のコラム

皮膚のトラブル(4)水虫菌の仲間 部活通じ流行も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

  皮膚のトラブルでは、大阪医科大の森脇真一教授(59)に聞きます。(聞き手・東礼奈)

皮膚のトラブル(4)水虫菌の仲間 部活通じ流行も

 水虫の原因として有名な 白癬はくせん 菌の一種、「トリコフィトン・トンズランス」が引き起こす皮膚感染症が、柔道、レスリング、相撲といった格闘技を習う大学生や成人のほか、体を接する機会の多いクラブ活動を通じて中高生に流行することがあります。感染力が強いため、体の接触がなくても畳、マット、タオルなどを介してうつり、さらに家庭内で誰かが発症すれば子どもにも広がります。

 この菌はカビ(真菌)の仲間で、約20年前にスポーツ交流で海外から持ち込まれました。感染した場所が体であれば、体表に赤く、少しカサカサした円形か環状の斑点が表れ、頭の場合はフケや脱毛がみられます。

 診察では、患部表面のカサついた部分を少しこすって皮膚を採取し、顕微鏡で観察するか、培養検査をして診断を確定させます。体の皮疹には抗真菌薬を1か月以上塗りますが、皮疹が多いか、薬を塗って治った後に再発した場合、あるいは頭部の感染が明らかな時は抗真菌薬を内服します。

 ただ、皮疹のかゆみが強くない人や、菌が頭部の毛穴に潜んで症状が全く出ない「無症候性保菌者」もいます。後者による集団感染を防ぐには、「ヘアブラシ法」と呼ばれる特殊な検査でカビの存在を確認し、早めに治療を始めなければなりません。

 部活動が終わったら、なるべく早くシャワーを浴びたり、柔道着など練習で使った着衣をこまめに洗濯したりすることも感染予防には有効です。症状からトンズランス感染症が疑わしい子がいれば、集団発生と家族内発症に注意した上で、部活動は休ませ、まずは最寄りの皮膚科の専門医に相談してください。

【略歴】
森脇真一(もりわき・しんいち)
 皮膚科専門医。大阪医科大卒。京都大、浜松医科大などを経て2009年から現職。医学博士。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

konabi_logo_200

子どもの健康を考える「子なび」
子どもの健康について考えるコーナーです。各テーマの専門家にアドバイスしてもらいます。

子どもの健康を考える「子なび」の一覧を見る

<PR情報>

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事