文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ペットと暮らせる特養から 若山三千彦 

 かわいがってきた犬や猫と最期まで一緒に暮らしたい――。そんな願いをかなえてくれる全国的にも珍しい特別養護老人ホームが、神奈川県横須賀市の「さくらの里 山科」。そこで起きた人とペットの心温まるエピソードを、施設長の若山三千彦さんがつづります。

医療・健康・介護のコラム

癒やし猫(上)ペットの猫を亡くし、認知症になった男性 ホームでトラと出会い…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

入居後、トラが大のお気に入り 体調も回復

トラと一緒にリハビリを頑張る斎藤さん

トラと一緒にリハビリを頑張る斎藤さん

 息子さんの期待は最高の形でかなえられました。斎藤さんは劇的な回復を見せたのです。その原動力はトラでした。トラは、斎藤さんが初めてホームに来た時、車いすに座る斎藤さんの膝の上に飛び乗り、おなかにスリスリして、大歓迎をしました。それ以来、トラは斎藤さんの大のお気に入りになったのです。

 トラと一緒にいる時、斎藤さんの顔には生き生きした表情が浮かんでいました。トラを探して、手すりにつかまりながら歩き回っているうちに、車いすは不要になりました。老人ホームに入った入居者が、整った環境と充実した介護体制により元気になることは多いのですが、これほど劇的に回復した方は珍しいです。こういうことが起きるのも、トラと文福の共通点ですね。

猫たちに囲まれ、大声で歌う

 斎藤さんは歌がお好きで、よくリビングの床にあぐらをかいて大声で歌っていました。その脚の間には、トラがちょこんと座っています。そうしていると他の猫たちも集まってきます。猫に囲まれて歌う斎藤さんの姿は、おとぎ話の主人公みたいでした。

 斎藤さんはリハビリも頑張っていました。毎日、車いすを押して、廊下を何往復も歩いたのです。車いすの上にはトラが鎮座していました。職員がそうさせたのではありません。誰に教えられたわけでもないのに、トラは自ら斎藤さんが押す車いすに座っていたのです。まるで斎藤さんを応援するかのように。

 前のエピソードでお話しした、渡辺さんの愛犬のナナちゃんも同じ行動をしていましたが、気まぐれな猫が、しかもナナちゃんと異なり、飼い主ではない人のリハビリに付き合って、揺れる車いすの上でじっとしているなんて信じられないことです。まさに癒やし猫の本領発揮、というところでしょうか。

願い通り、トラに看取られ旅立ち

 「俺はトラに看取ってほしいんだよ」。これが斎藤さんの口癖でした。その願い通り、斎藤さんがご逝去された時には、その枕元にトラが寄り添っていました。トラに看取られて斎藤さんは旅立ったのです。

 トラをはじめとする大好きな猫たちと一緒に暮らした最期の2年間、斎藤さんは幸せだったと思います。斎藤さんを幸せにできたという一点だけでも、私たちが挑戦している、ペットと暮らせる特別養護老人ホームという取り組みには意味があったと思っています。(若山三千彦 特別養護老人ホームさくらの里山科施設長)

2 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

wakayama_michihiko_bunpuku_200-200

若山 三千彦(わかやま・みちひこ)

 社会福祉法人「心の会」理事長、特別養護老人ホーム「さくらの里山科」(神奈川県横須賀市)施設長

 1965年、神奈川県生まれ。横浜国立大教育学部卒。筑波大学大学院修了。世界で初めてクローンマウスを実現した実弟・若山照彦を描いたノンフィクション「リアル・クローン」(2000年、小学館)で第6回小学館ノンフィクション大賞・優秀賞を受賞。学校教員を退職後、社会福祉法人「心の会」創立。2012年に設立した「さくらの里山科」は日本で唯一、ペットの犬や猫と暮らせる特別養護老人ホームとして全国から注目されている。20年6月、著書「看取みといぬ文福ぶんぷく 人の命に寄り添う奇跡のペット物語」(宝島社、1300円税別)が出版された。

ペットと暮らせる特養から 若山三千彦 の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事