文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ペットと暮らせる特養から 若山三千彦 

医療・健康・介護のコラム

癒やし猫(上)ペットの猫を亡くし、認知症になった男性 ホームでトラと出会い…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 私の著書のタイトルにもなっている保護犬出身の 文福(ぶんぷく) は、一緒に暮らす入居者様が亡くなることを察知して、寄り添って 看取(みと) るという不思議な力を持っています。実は以前、それと非常によく似た力を持っている猫がいました。私たちが「癒やし猫」と呼んでいた、やはり保護猫出身のトラです。

 トラは2012年4月、私が経営する特別養護老人ホームが開所するのと同時にやってきて、18年12月に死ぬまで6年半、ホームで暮らしました。その間、大勢の入居者様を看取ってきました。

病気で弱った入居者に寄り添い、看取る

 文福の看取り活動には段階が決まっていました。入居者様が亡くなる2~3日前に、その方の居室の扉の前でうなだれています。その翌日くらいに居室に入り、ベッドの傍らで見守ります。最後はベッドに上がり、入居者様に寄り添って看取るのです。

 トラにはそのような段階はありませんでした。入居者様が弱ってくると、ベッドに入って寄り添い、そのまま看取るのです。一点、文福とは大きく異なることがあり、トラはご入居者様が亡くなる前だけでなく、病気等で弱って寝ている時にも寄り添いました。ご入居者様を看取るだけでなく、癒やすこともするのです。だから私たちは、トラは癒やし猫だと思っていました。

猫大好きな男性 認知症で弱って入居

トラを膝に乗せ、ほかの猫にも囲まれ、うれしそうな斎藤さん

トラを膝に乗せ、ほかの猫にも囲まれ、うれしそうな斎藤さん

 そんなトラに最も癒やされたのが、斎藤幸助さん(仮名、80歳代男性)です。斎藤さんは、猫好きの方がそろっている猫ユニットのご入居者様の中でも、一番の猫好きではないかと思われる人です。とにかく猫が大好きで、子供の頃から常に猫を飼っており、それまでに飼ってきた猫の数は実に50匹以上! 斎藤さんの人生は、猫抜きでは語れないものだそうです。

 そんな斎藤さんも高齢になり、奥様に先立たれたのをきっかけに、新しい猫を迎え入れることをあきらめます。猫好きの方(犬好きの方も)の多くが、高齢になるとする決断です。最後の猫が死んで、猫がいない生活が始まると、斎藤さんは元気がなくなり、瞬く間に弱っていってしまいました。しかも認知症も発症してしまいました。

ホームで再び猫との暮らしを

 配偶者が亡くなったことをきっかけに認知症になる高齢者は少なくありません。特に奥様を亡くした高齢の男性が認知症になってしまうのは、私も多くの例を見てきました。しかし、ペットがいなくなって認知症になってしまった方は初めて見ました。ただ、それは、それまで私たちが気がつかなかっただけかもしれません。おそらく世の中で、ペットがいない生活になった高齢者が認知症を発症するということは、多くはないにしても、時々あることだろうと思われます。

 すっかり活気がなくなり、自ら歩くことが少なくなった斎藤さんの足腰は弱っていき、車いすを使う生活になってしまいました。認知症も進行し、ほとんど言葉を発しなくなり、表情も失われました。そんな斎藤さんを心配して、息子さんがさくらの里山科へ入居を申し込んできました。ホームで再び猫との暮らしをすれば、少しは斎藤さんの状態が良くなるだろうと期待してのことです。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

wakayama_michihiko_bunpuku_200-200

若山 三千彦(わかやま・みちひこ)

 社会福祉法人「心の会」理事長、特別養護老人ホーム「さくらの里山科」(神奈川県横須賀市)施設長

 1965年、神奈川県生まれ。横浜国立大教育学部卒。筑波大学大学院修了。世界で初めてクローンマウスを実現した実弟・若山照彦を描いたノンフィクション「リアル・クローン」(2000年、小学館)で第6回小学館ノンフィクション大賞・優秀賞を受賞。学校教員を退職後、社会福祉法人「心の会」創立。2012年に設立した「さくらの里山科」は日本で唯一、ペットの犬や猫と暮らせる特別養護老人ホームとして全国から注目されている。20年6月、著書「看取みといぬ文福ぶんぷく 人の命に寄り添う奇跡のペット物語」(宝島社、1300円税別)が出版された。

ペットと暮らせる特養から 若山三千彦 の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事