文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療ルネサンス

医療ルネサンス

詠んで生きる<2>延命より人生の満足度

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
詠んで生きる<2>延命より人生の満足度

現代歌人協会の総会で新会員として紹介された有沢さん(2018年12月、東京都内で)

 髄膜炎による脊髄損傷で7年前、肩から下の運動機能を突然失った歌人の有沢 ほたる さん(71)は、口述筆記で短歌や文章を書き続けた。今春、エッセー集「虹の生まれるところ」をまとめた。

 病気の理不尽さに驚き、苦しみながらも、短歌と祈りによって、心の健やかさを取り戻す道程が読み取れる。在宅療養の中で、窓からの景色を楽しみ、やがて、車椅子で花見や観劇にも挑戦する。「不条理な運命を新しい自分として自らの意志で選びたい」という境地に達していた。

 だが、本の出版前に再入院する。二酸化炭素が肺の中にたまって一時 昏睡こんすい 状態になり、気管を切開して挿管する人工呼吸器を使わなければ、あと数日しか持たないと宣告された。

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療ルネサンスの一覧を見る

最新記事