文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療ルネサンス

医療ルネサンス

「夜の街」沖縄から<2>PCRに2000人 意識変わる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 沖縄最大の歓楽街・那覇市松山地区で働く人を対象とした大規模なPCR検査は8月1、2日、市内にある那覇港の大型旅客船ターミナルで実施された。

 400人ずつ計800人程度の来場を見込んでいたが、1日は朝から多くの人が詰めかけ、順番待ちの長い列ができた。初日は、1000人を超える人が検査を受け、用意した検査キットを使い切った。

 結局、2日間で2078人が検査を受けた。松山地区の「夜の街」の従業員だけではなく、その家族や客、さらに周辺地区の飲食店関係者らも足を運んだ。市職員の呼びかけ、飲食業界トップの協力に加え、従業員たちの不安が、2000人強の受検につながった。

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療ルネサンスの一覧を見る

最新記事