文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

田村専門委員の「まるごと医療」

医療・健康・介護のコラム

新型コロナの後遺症 発症120日後でも 「脱毛」も2割以上に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

国立国際医療研究センターが調査報告

新型コロナの後遺症 発症120日後でも 「脱毛」も2割以上に

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)は、肺炎などの症状が治まった後にも、様々な後遺症が生じることが知られている。症状が長く続くことから「Long COVID」とも呼ばれる。国立国際医療研究センター(東京都新宿区)の研究チームは10月、患者に聞き取り調査した研究結果を論文にまとめて発表した。息苦しさや咳(せき)、倦怠(けんたい)感、味覚障害、嗅覚障害が発症後120日以上たってもみられたケースや、2割以上の患者が脱毛の後遺症を訴えていることが分かった。10月21日付の「Open Forum Infectious Diseases」に掲載された。 

せき、倦怠感、息苦しさ、味覚障害、嗅覚障害

 調査は同センターを今年2月から6月に退院した患者に電話でインタビューし、対象となった78人のうち最終的に63人から回答を得た。内訳は、男性が42人、女性が21人で、平均年齢は48.1歳。約9割に当たる56人が日本人だった。47人(74.6%)が肺炎と診断され、酸素療法を受けた患者は17人(27.0%)、人工呼吸器を付けた患者が5人(7.9%)いた。29人(46.0%)が抗ウイルス薬の治療を受けた。

 結果は、発症から60日時点で、咳が5人(7.9%)、倦怠感10人(15.9%)、息苦しさ11人(17.5%)、味覚障害3人(4.8%)、嗅覚障害が10人(16.1%)にみられた。発症から120日時点でも、咳4人(6.3%)、倦怠感6人(9.5%)、息苦しさ7人(11.1%)、味覚障害1人(1.6%)、嗅覚障害6人(9.7%)の訴えがあった。発症から30日後や92日後に嗅覚障害を起こしたという人もいた。

脱毛の症状 平均76日間持続

 また、脱毛の症状が、回答が得られた58人のうち14人(24.1%)にみられた。新型コロナウイルス感染症の発症から脱毛の症状が起きるまでの期間は、平均58.6日だった。

 14人のうち5人は症状が回復し、症状が続いた期間は平均76.4日間だった。残り9人については、インタビューの時点でも症状が続いていた。

 脱毛は、エボラ出血熱やデング熱のような他のウイルス感染症でも、よく後遺症としてみられるという。研究グループの同センター国際感染症センターの森岡慎一郎医師は、「新型コロナウイルス感染症の患者の約4人に1人に晩期症状として脱毛が起きるとの結果は驚きだった。はっきりした原因は不明だが、ストレスが関係している可能性が考えられるのではないか」と話す。

 森岡医師によると、ウイルス感染症でこれほど多様な後遺症が起きる例はほとんどみたことがないという。原因はそれぞれ異なるのではないかとみており、たとえば嗅覚障害や味覚障害では新型コロナウイルスが感染するACE2受容体が多く発現していることが関係している可能性や、呼吸器症状ではもともと肺気腫などの持病があることとの関係が可能性として考えられるという。

 研究グループは、後遺症を引き起こすリスク要因と症状を長引かせるリスク要因の解明を目指して、症例数を増やした研究の準備を進めている。森岡医師は「人によって症状や長引く期間が異なることから、どんな人で起きやすく、どんな人で長引きやすいのかを明らかにするとともに、病態の解明にも取り組み、治療法の開発につなげたい」としている。(田村良彦 読売新聞専門委員)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

tamura-yoshihiko_profile

田村 良彦(たむら・よしひこ)

 読売新聞東京本社メディア局専門委員。1986年早稲田大学政治経済学部卒、同年読売新聞東京本社入社。97年から編集局医療情報室(現・医療部)で連載「医療ルネサンス」「病院の実力」などを担当。西部本社社会部次長兼編集委員、東京本社編集委員(医療部)などを経て2019年6月から現職。

田村専門委員の「まるごと医療」の一覧を見る

<PR情報>

1件 のコメント

コメントを書く

慢性炎症の概念で過去の事例や疾患と繋がる

寺田次郎 関西医大放射線科不名誉享受

未だに、ウイルスの付着、感染の成立、感染の持続や緩解の仕組みなどもよくわかってませんし、その他の疾患や人間本来のメカニズムとの間接的な関係性も分...

未だに、ウイルスの付着、感染の成立、感染の持続や緩解の仕組みなどもよくわかってませんし、その他の疾患や人間本来のメカニズムとの間接的な関係性も分かっていないわけですが、これまでの報告を見ると単純なウイルスによる呼吸器感染症だけでなく、全身の急性炎症と慢性炎症という観点で見ることはできるのかもしれません。
人種や地域による重症化の違いや膵炎及び糖尿病などとの重症化の関連性の話にも繋がります。
全身のあらゆる臓器における異常や機能不全は直接あるいは間接的な内因性因子の異常を示唆します。
脱毛は一見関係なさそうですが、心理ストレスや放射線障害との相似性で考えれば、ウイルスによる局所の炎症に対する反応あるいは防衛反応と考えることもできます。
逆に、呼吸器における非呼吸器の影響も考えれば節制や安静の意味も分かると思います。

データを集めて解析するのも大事ですが、呼吸器疾患や慢性炎症性疾患は過去にも様々な疾患や症状が報告されていたわけで、専門家はそういう部分から予測して対策を講じていくとともに、一般人にも自分や身近な人がそのような状況になった時に対する対策を想像性を含めて訴えかけていく必要があります。
率直に言って、潜在的なものや潜伏感染を含めれば、おそらく、感染の拡大自体を止めることは難しいと思います。
一方で、適切な対策により人為的被害を最小限にとどめることは可能だと思います。

つづきを読む

違反報告

すべてのコメントを読む

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事