文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

山崎まゆみの「心もとろける癒やしの温泉」

医療・健康・介護のコラム

新玉川温泉なら、伝統的な「湯治」を快適な環境で楽しめます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 終息の兆しが見えない新型コロナウイルスに加え、インフルエンザの流行も心配される季節です。ウイルスだけに限らず、健康にとって「招かざる客」を寄せ付けないように、免疫力を高め、強い体を作ることが大切です。この連載でも、たびたび (つづ) ってきましたが、西洋医学が導入される前から、日本人は免疫力を高め、体調を整えるために温泉を活用してきました。それが「湯治」です。

難病患者の湯治場として有名な玉川温泉を気軽に体験

新玉川温泉なら、伝統的な「湯治」を快適な環境で楽しめます

 湯治場と言えば、源泉に含まれる微量ラジウム放射線の効果を期待して、古くから難病の患者さんが多く訪ねてきた秋田県玉川温泉が有名です。本格的な湯治スタイルが今も残る玉川温泉以外に、気軽にひとりでも滞在しやすい新玉川温泉の存在をご存じでしょうか?

 玉川温泉から2キロ離れた森林の中にある新玉川温泉。今でも昔ながらの湯治場を継承する玉川温泉とは雰囲気が違います。

 2018年のリニューアルにより、ロビーは白木をふんだんに使ったスタイリッシュなものに生まれ変わりました。部屋の壁紙は現代アートを 彷彿(ほうふつ) とさせる色彩で、古くからの湯治場のイメージは一新されています。

 全館バリアフリーです。体が不自由な人でも利用しやすいユニバーサルデザインルームだけでなく、洋室も段差などを取り除いた構造で、インテリアや装飾品には薄いグリーンなど、目に優しい色彩が使われています。

ひとりで「おこもり」しながら、ラジウム温泉を

新玉川温泉なら、伝統的な「湯治」を快適な環境で楽しめます

 特筆すべきはひとり部屋が50室もあること!

 少々狭いですが、この狭さも「おこもり」する楽しさがあり、私には心地よかったのです。都心のホテルのシングルルームとは異なり、窓の外には緑が (あふ) れており、全く閉塞感がないのです。

 いま旅行形態は様々ですが、その中で家族旅行と同じくらいにニーズがあるのが「ひとり温泉」です。でも、平日は歓迎だが、休前日はお断りというところがまだ主流の中、ひとり部屋と命名された客室がこれだけあると、気兼ねなく、いつでも泊まれます。

 私が訪ねた時も、「疲れたので湯治に来ました」とひとりで温泉を満喫する20代の女性と会いました。彼女は3泊して、岩盤浴と温泉入浴を自分のペースで楽しんでいました。

 岩盤浴には、この地域でしか採掘できない「北投石」も使われています。天然のラジウムを放出する鉱物とされ、これも新玉川温泉ならではです。

新玉川温泉なら、伝統的な「湯治」を快適な環境で楽しめます

 新玉川温泉は玉川温泉と同じ源泉を引いています。

 大浴場には、源泉100%、それに50%の2種類のお風呂があります。貴重な木材「青森ヒバ」を使った浴槽ですが、強酸性のお湯ですので、100%のほうは肌への刺激が強く、私は入浴して1分ほどでピリピリと感じました。その点、源泉50%の浴槽には5分ほど、入っていられました。大浴場前には貸し切り風呂もあります。

刺激が強いお湯だけに、湯治サポートも充実

 刺激が強い温泉ゆえに、訪れたお客さんには入浴説明会が開催されます。また、湯治相談室に看護師さんが常駐しているのも心強いです。本家の玉川温泉も同様ですが、湯治者へのサポートが充実しているのです。

 ビュッフェ形式の食事には、秋田名物きりたんぽやいぶりがっこ等が並びます。きりたんぽ鍋は、比内地鶏のお出汁(だし)で美味。無農薬で旬の新鮮な野菜が並び、ドレッシングも米 (こうじ) 味や福寿味噌(みそ)味など、ご当地らしさがいっぱいの種類が並びます。

新玉川温泉なら、伝統的な「湯治」を快適な環境で楽しめます

 入浴の合間に、散策を兼ねて、明治15年(1882年)にできた小学校へタイムトリップしてみませんか。

 田沢湖畔にひっそりとたたずむ「思い出の潟分校」には、当時の教室、体育館、教員室がそのままの状態で保存されています。教室の小さないすに座ると不思議な懐かしさがこみ上げてきて、胸の奥がきゅんとします。

 騒々しい俗世を離れ、ぼんやりゆったり思いを () せるには最高の場所です。

新玉川温泉

新玉川温泉
【 所在地 】〒014-1205 秋田県仙北市田沢湖玉川
【 電 話 】0187-58-3000(玉川温泉・新玉川温泉予約センター)
【 泉 質 】酸性泉
【 効 能 】神経系統疾患(リウマチなど)、循環器系(血圧調整など)、皮膚病、疲労回復など
【アクセス】JR秋田新幹線田沢湖駅からバス64分
【ホームページ】https://www.shintamagawa.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

yamazaki_mayumi_prof

山崎まゆみ(やまざき・まゆみ)

温泉エッセイスト、ノンフィクションライター、VISIT JAPAN大使、跡見学園女子大学兼任講師。世界32か国1000か所以上の温泉を巡り、「温泉での幸せな一期一会」をテーマに各メディアでリポートしている。『続・バリアフリー温泉で家族旅行』(昭文社)等著書多数。最新刊は『行ってみようよ! 親孝行温泉』(昭文社)。内閣官房東京オリンピック競技会・東京パラリンピック競技会推進本部事務局「ユニバーサルデザイン2020関係府省等連絡会議 街づくり分科会」「ユニバーサルデザイン2020評価会議」に参画し、日本の「バリアフリー温泉」の推進に力を注いでいる。温泉情報はTwitter、FB、インスタグラムで更新中。

山崎まゆみの「心もとろける癒やしの温泉」の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事