文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

ワクチン2500万人分の供給、国が米バイオ企業と契約…3万人対象に最終臨床試験中

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 厚生労働省は29日、米バイオ企業モデルナが開発する新型コロナウイルスワクチン5000万回分(2500万人分)の供給を受ける契約を同社などと結んだと発表した。

 厚労省によると、供給を受ける予定のワクチンは2回接種するタイプ。開発が順調に進めば、来年1~6月に4000万回分、同7~9月に1000万回分の供給を受けるという。同社のワクチンは、米国で3万人を対象に最終段階の臨床試験が実施されている。

 政府はこれまでに、製薬大手の米ファイザー、英アストラゼネカと、それぞれから1億2000万回分ずつ供給を受けることで合意している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

<PR情報>

最新記事