文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

レギュラーの「お笑い×介護=笑顔!」

医療・健康・介護のコラム

「健康ウオーキング指導士」の資格を取得しました! 資格を生かした今後の展望は描けてるよな? えっ? 何が?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

西 自分に似合う髪形が何かわからない、レギュラー西川です。

松 角刈りちゃうか! 戻したらええやん。

西 今戻す?

松 そう。ミルクボーイの内海くんもやってるし。

西 ちょっと考えます。続きまして自己紹介お願いします。松本くん。

松 塩むすびの良さがわかる (とし) になりました。レギュラー松本です。

西 遅いな。

松 えっ!

西 僕は5年前にわかってたで。

松 それは自分の手から出る汗の塩味のこと言うてるんやろ。

西 (笑)違うよ。自分で握ったやつとちゃうねん。コンビニのおにぎり。

松  美味(おい) しいな。昔は塩むすびが美味しいとはそんなん思わへんかったわ。

西 やっぱりシャケとか、昆布とか具が入ってる方がいいもんな。

松 そうそう。でも、この歳になってわかった。塩むすびがベスト。塩むすびっていうのは……。

西 もういいよ。長くなるから。介護の話です。

松 西川くん。介護の話といってもこのご時世、介護レクリエーションのお仕事がストップしてるのよ。

西 そうやな。コロナの影響で3月から施設さんには行けてないもんな。

松 いろんな芸人さんも営業も舞台も激減してるからなぁ~。

西 その中で漫才やってる人はネタ作ったり、YouTube始めたりとかしてるやん。

松 そうやな。YouTubeをやり始めた芸人さん多いわ。自分の趣味に特化した動画作ったりしてはるわ。

なんと! 「健康ウオーキング指導士」の資格を取得

「健康ウオーキング指導士」の資格を取得しました! 資格を生かした今後の展望は描けてるよな? えっ? 何が?

「いや~いっぱい勉強したな」(松)「どうしても松本くんが取りたいって言うてたもんな」(西)

西 みんな新たな一面を見つけるために試行錯誤して、いろいろやってはるわ。そこで我々レギュラーは、なんと! 「健康ウオーキング指導士」の資格を取得するために動いていました。

松 いや~いっぱい勉強したな。

西 これは松本くんのたっての希望やってんな。

松 そう。ウォーキングの仕方や体の仕組みなんかを勉強して、それを人に教えれる資格やんな。

西 どうしても松本くんが取りたいって言うてたもんな。なんでこの「ウオーキング指導士」の資格を取りたかったん?

松 我々、介護レクリエーションやらせてもらって施設さんに行かせてもらった時に思ったのは歩くことの大切さ。

西 確かに大事。

松 健康寿命を伸ばすためには、やっぱり散歩とかウォーキングで足腰を鍛えるのっていうのは必要やなと実感した。

西 そう。介護レクリエーションで僕たちのネタのあるある探検隊の行進を取り入れたギャグ体操もやってるもんな。

松 だから、「歩く」という基本的なことを勉強して知識を得れば、施設さんに行って少しはアドバイスできるかな~と思ってん。

西 なるほど。ただ、大変やったのは勉強内容。僕たちが勉強した「健康ウォーキング指導士」は3月から始めて、終わったのは9月。

松 長かったなぁ~。

西 教材見てDVD見てレポート提出。その教科書もめちゃくちゃ分厚い。

松 それが3冊あったな。手元に来た時、 驚愕(きょうがく) やったわ。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

regular_prof

レギュラー

 お笑いコンビ 吉本興業所属
松本 康太と 西川 晃啓(ともに1979年、京都府生まれ)が、98年4月に結成。リズムネタ「あるある探検隊」で一躍ブレイクした。現在は、劇場を中心に活動する実力派漫才コンビ。2014年に「介護職員初任者研修」、17年に「レクリエーション介護士2級」の資格を取得。老人ホーム、デイサービスなどに出向いてレクリエーション介護を行い、福祉イベント、介護フェアでも活動。講演会「お笑い×介護=健康」で、若者たちにも介護現場の実情を伝えている。詳しくは、レギュラー松本のインスタグラム、レギュラー西川のツイッターで。「お仕事の依頼は吉本興業まで!」

レギュラーの「お笑い×介護=笑顔!」の一覧を見る

<PR情報>

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事