文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

スポーツDr.大関のケガを減らして笑顔を増やす

医療・健康・介護のコラム

「リスフラン関節」の捻挫は長引くこともあるので、まずは安静を

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 日本ではある程度落ち着いているように見える新型コロナウイルス感染症ですが、世界では、まだ拡大しています。これからの季節はインフルエンザの流行も懸念されますので、スポーツをする際にも、さらに十分な注意が必要です。

 さて、足首の捻挫は最も頻度の高いスポーツのけがのひとつです。足の甲を捻挫してリスフラン関節の 靭帯(じんたい) を損傷することもあります。リスフラン関節は、ちょっと聞き慣れない名称かもしれません。今回はハンドボール選手のケースです。

 F君は大学生です。ハンドボールの大会が近くなり、練習内容も濃くなっていました。3人対3人の練習で相手をかわしてシュートをした際、右足の着地で足をひねってしまいました。足の甲の痛みで体重をかけることができなくなり、チームメートに肩を借りて、病院を受診しました。

いわゆる足首の捻挫とは異なる

 足には 脛骨(けいこつ)腓骨(ひこつ) と足関節をなす 距骨(きょこつ)(かかと) の骨である 踵骨(しょうこつ) 、足の指の骨や中足骨、そして 足根骨(そっこんこつ) と呼ばれる骨があります。これは、前腕に 橈骨(とうこつ)尺骨(しゃっこつ) があり、指の骨や中手骨、手根骨があるのと似た構造ですね。足根骨には三つの 楔状骨(けつじょうこつ)舟状骨(しゅうじょうこつ) 、立方骨の五つの骨があります。この中でも楔状骨・立方骨と中足骨がなす関節をリスフラン関節と呼びます。この関節は強靭な靭帯で固定されており、足のアーチにおいて重要な位置にあります。

「リスフラン関節」の捻挫は長引くこともあるので、まずは安静を

 捻挫とは、外力により関節が生理的な範囲を超えて動いてしまい、関節を安定させている靭帯や関節包が損傷することです。 足首の捻挫では、主に足関節外側にある距骨と腓骨をつなぐ前距腓靭帯(ぜんきょひじんたい)を損傷します 。頻度は少ないですが、足首を伸ばした状態で荷重とひねりの力が加わることで、足の甲にあるリスフラン関節の靭帯を損傷することがあります。単純X線写真では、 母趾(ぼし) と第2趾の中足骨の間が開き、時に楔状骨の 剥離(はくり) した小さな骨のかけらが見られることもあります。

「リスフラン関節」の捻挫は長引くこともあるので、まずは安静を

 この関節を損傷すると、前足に荷重をかけた際に痛みが生じます。損傷の程度によっては歩行が困難となり、約1か月(場合によっては1か月半)は、この関節に体重をかけずに保つ必要があります。前距腓靭帯損傷の場合、足の「内がえし」の動きをブレース(サポーターのような補装具)などで固定すれば、早期から荷重をかけることができますが、それとは状況が異なります。また、踵のみで体重をかけることや、足首が硬くならないように動かすことは大丈夫なので、取り外し可能な装具を使うこともあります。

 それでは、F君の経過です。

 体重をかけないよう日中は副木(シーネ)で足を固定し、松葉づえで過ごしました。1日に何度か固定を外して足首や足の指先を動かす練習をしました。腫れと痛みは段階的に落ち着き、約1か月後から、型取りして作成した足底板(インソール)を靴に入れて、体重をかけての歩行を開始しました。足周囲の関節の運動や、筋力訓練、荷重バランスの調整などのリハビリも行いました。1か月後にスムーズにつま先立ちができるようになり、軽く走る練習を開始しました。

軽傷なら、まずはリハビリとインソール使用で

 リスフラン関節の損傷が軽度だった場合、中途半端な安静期間を経てスポーツに復帰してしまうことで、痛みがなかなか引かずに長引くこともあります。特に、前足部で駆ける動作で痛みが出て、十分なパフォーマンスが出せなくなります。仮に軽傷で、すみやかに練習に復帰する必要があったとしても、まずはしっかりとリハビリテーションを行い、インソールを使用することも勧められます。ですが、できるだけ最初の段階でしっかり治しておきたいですね。(大関信武 整形外科医)

【スポーツ医学検定のご案内】
 私たちは、スポーツに関わる人に体やけがについての正しい知識を広めて、スポーツによるけがを減らすために、「スポーツ医学検定」を実施しています。スポーツ選手のみでなく、指導者や保護者の方も受けてみませんか(誰でも受検できます)。
 11月29日に行う第8回スポーツ医学検定は申し込みを終了しました。新型コロナウイルス感染症予防対策を行っての開催になりますので、受検される方は 注意事項 を読んで来場をしてください。
 また、第8回スポーツ医学検定は11月の開催予定で、申込が始まっています。本文のイラストや写真の一部は、「スポーツ医学検定公式テキスト」(東洋館出版社)より引用しています。
 スポーツ医学検定応援キャラクター・ハッスルスポケンの LINEスタンプ がリリースされました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

oozeki- nobutake_prof

大関 信武(おおぜき のぶたけ)

 整形外科専門医・博士(医学)、日本スポーツ協会公認スポーツドクター
 一般社団法人日本スポーツ医学検定機構代表理事

 1976年大阪府生まれ、兵庫県立川西緑台高校卒業。2002年滋賀医科大学卒業、2014年横浜市立大学大学院修了。2015年より東京医科歯科大学に勤務。野球、空手、ラグビーなどを通じて、野球肘、肩関節脱臼、アキレス(けん)断裂、骨折多数など自身が多くのケガを経験。スポーツのケガを減らしたいとの思いで、一般社団法人日本スポーツ医学検定機構を設立し、「 スポーツ医学検定 」を開催している。 現在、拓殖大学ラグビー部チームドクター、文京ラグビースクールコーチ兼メディカル担当。2019年ラグビーワールドカップでは選手用医務室ドクターを担当。八王子スポーツ整形外科、蓮江病院でも診療。

スポーツDr.大関のケガを減らして笑顔を増やすの一覧を見る

<PR情報>

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事