文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

感染症

シリーズ

「夜の街」と呼ばれて<6>数字が独り歩き 悪印象に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
「夜の街」と呼ばれて<6>数字が独り歩き 悪印象に

集中的な検査で感染者を減らした東京都新宿区長の吉住。「感染拡大期の大きな数字だけが独り歩きしてしまった」

 「新宿は今、『感染のまち』のイメージが定着している」。新型コロナウイルスの感染が拡大した日本有数の歓楽街・歌舞伎町を抱える東京都新宿区。区長の吉住健一(48)は、区議会に提出する議案を説明する9月の記者会見で突然、そう切り出した。

 吉住は6月から、感染者が多く出たホストクラブの代表らと対話を繰り返した。適正な対策をとれば、感染者が出ても店名を公表しないとしたうえで、疑いがある場合は積極的に検査を受けることを求めた。

 6~9月、ホストらだけでなく、新宿区内の一般の飲食店の従業員も合わせて2700人以上が検査を受けた。

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

「感染症」に関連する記事

検査・診断

治療

すべて表示

付き合い方

予防

研究・その他

シリーズ

すべて表示

病院の実力


院内感染 チームで防ぐ

 活動時間充実度の目安病気の治療自体はうまくいっても、手術時などの院内感染で容体が悪化したり、命を落としたりする場合がある。救えるはずの命を救えない悲しい結果になるのをできる限り防ぐため、院内感染対策の取り組みは重要…

病院の実力で「感染症」を見る

医療相談室で見る

「感染症」に関連する相談を見る