文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

不妊治療で首相、男性も支援対象とする考え…公的医療保険「できるだけ早く適用したい」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 菅首相は26日のNHK番組で、不妊治療の公的医療保険の適用に関して、男性も対象とする考えを明らかにした。「できるだけ早く保険適用したい」とも述べ、実現までの間は支援策を大幅に拡充する考えを重ねて示した。

 また、坂本少子化相は26日、不妊治療と仕事が両立できる職場環境を整備するため、内閣府と厚生労働省による検討チームの初会合を開いた。田村厚生労働相も出席し、年内に中間報告として両立支援の具体策をまとめる方針を確認した。

 不妊治療を巡っては、仕事と両立できずに途中で治療を断念する例もあり、対応が課題となっていた。中間取りまとめでは、職場環境のあり方のほか、〈1〉社会的な理解を促す機運の醸成〈2〉相談体制の強化――などについての対策を盛り込む。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

<PR情報>

最新記事