文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

感染症

シリーズ

「夜の街」と呼ばれて<4>ライバル同士 情報共有

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
「夜の街」と呼ばれて<4>ライバル同士 情報共有

ホストクラブ同士の情報共有に取り組んだ巻田。「このままでは業界がつぶれるという危機感があった」と語る(東京・歌舞伎町で)=大原一郎撮影

 6月からの感染「第2波」の舞台の一つとなった歌舞伎町(東京都新宿区)だが、それ以前に現場でのネットワーク作りは進んでいた。

 LINE(ライン)を活用した「歌舞伎町コロナ対策協議会」というグループで、ホストクラブ約240店の6割にあたる約150店の代表者らが加わった。

 お酒をかき混ぜるマドラーを使い捨てにするなど店が取り入れた対策、換気が悪いなど、感染者が確認されて保健所から受けた指導内容、行政が発信する取り組み――。ラインでは、こうした情報を共有、それぞれ感染対策につなげた。

 この場を作ったのが、歌舞伎町でホストクラブ33店舗を経営する巻田隆之(47)だ。「このままではマジで歌舞伎町が死ぬと思った」と振り返る。

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

「感染症」に関連する記事

検査・診断

治療

すべて表示

付き合い方

予防

研究・その他

シリーズ

すべて表示

病院の実力


院内感染 チームで防ぐ

 活動時間充実度の目安病気の治療自体はうまくいっても、手術時などの院内感染で容体が悪化したり、命を落としたりする場合がある。救えるはずの命を救えない悲しい結果になるのをできる限り防ぐため、院内感染対策の取り組みは重要…

病院の実力で「感染症」を見る

医療相談室で見る

「感染症」に関連する相談を見る