文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

社会

社会

群馬の警察署で感染8人、クラスターか…自宅待機74人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 群馬県警は24日、大泉署の20~40歳代の署員5人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。同署員の感染者は計8人となり、全署員107人のうち、計74人が自宅待機となっている。

 発表によると、5人はいずれも22日に感染が判明した男性警部と同じ課に勤務し、濃厚接触者として検査を受けていた。同署では17日以降、署員3人の感染が判明し、これまでに計70人が自宅待機となっていた。県警は本部から応援要員を派遣している。

 県はクラスター(感染集団)が発生した可能性もあるとみて調べている。

        ◇

 県内の新型コロナウイルス感染確認者は24日、新たに19人増加した。

 うち5人が大泉署の署員で、前橋市の「NIPPONおもてなし専門学校」に通う学生5人の陽性も確認された。同校の学生の感染者は合わせて41人。

 ほかに、前橋市で2人、太田市で4人、桐生市で1人、栃木県で2人の感染が確認され、累計で858人(19人死亡)となった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

社会の一覧を見る

<PR情報>

最新記事