文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

救急車が脱輪、14分後に脱出…搬送の女性患者はその後死亡

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 23日午前6時40分頃、秋田県北秋田市綴子の市道で、救急搬送中の同市消防署の救急車が脱輪し、動けなくなった。同市消防本部の発表によると、応援隊員3人が出動して車を押して脱出し、14分後に搬送を再開した。搬送された女性患者(82)はその後死亡が確認された。

 左折した際に左後輪を側溝に脱輪しており、運転していた救急隊員が運転操作を誤ったのが原因という。女性は終末期医療を受けており、担当医師は病院到着が遅れたことと患者の死亡には因果関係はないと説明したという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

<PR情報>

最新記事