文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

警察署で3人目感染、署長・副署長含む署員7割が自宅待機に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 群馬県警は23日、大泉署に勤務する40歳代男性警部が新型コロナウイルスに感染したと発表した。同署での感染者は3人目で、全署員107人のうち、署長や副署長を含む計70人が自宅待機となっている。

 発表によると、警部は21日に発熱などの症状が出たため、PCR検査を受けたところ、22日に感染が判明。同署では17日以降、署員2人が感染しており、すでに45人が自宅待機となっていたが、23日、対象をさらに25人増やした。署内では、時差出勤や検温、マスクの着用などの感染防止策は取っていたという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

<PR情報>

最新記事