文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

コロナワクチン臨床試験、アストラゼネカが米で再開…原因不明の病気発症で一時中断

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 【ワシントン=船越翔】英製薬大手アストラゼネカは23日、開発中の新型コロナウイルスのワクチンについて、米国での臨床試験を再開したと発表した。これにより、一時中断した6か国のすべてで再開された。

 アストラゼネカは9月、臨床試験の参加者に原因不明の病気を発症した例があるとして、安全確認のため、日米英など6か国での試験を中断していた。これまでに米国以外の5か国では既に再開していた。米食品医薬品局(FDA)も23日、「試験を再開しても安全性に問題はない」と結論づけた。

 また、米製薬大手ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)も23日、停止中のワクチンの臨床試験を近く再開すると表明した。J&Jでも同様に、参加者に原因不明の病気になった例があったとして、米国などで実施中のすべての臨床試験を停止していた。

 J&Jは23日の声明で、「ワクチンが問題を引き起こしたとの証拠は見つからなかった」とした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

<PR情報>

最新記事