文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

市職員夫婦、着服した公金を生活費や競馬に…赤十字社の会費など668万円

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 山梨県大月市が「公金約217万円が紛失した」と発表した問題で、市は22日に記者会見し、福祉課に勤務する非正規の女性職員(39)が、問題の公金を含め計約668万円を着服していたことを明らかにした。金の一部を夫である保健介護課主任の男性職員(42)に渡していたという。市は21日付で2人を懲戒免職処分にした。全額返済されているが、市は告訴を検討している。

 発表によると、女性職員は今年5~9月、市内を走るバスの「シルバーお出かけパス」を利用する65歳以上の市民から集めた負担金217万5000円や、自治会から集めた日本赤十字社の会費など451万2093円の計668万7093円を着服した。

 これらの公金は女性職員が一人で管理していたが、本来、パスの負担金は会計課が管理すべきで、赤十字社の会費は福祉課が管理する口座に入金すべきだった。男性職員は公金と知りながら現金を受け取っていた。2人は着服した金を生活費や競馬に使っていたという。

 今月12日にパスの負担金の会計課への入金が遅れていたことで、問題が発覚した。市は16日に最初の会見を開いて「公金が紛失した」と発表し、翌17日に2人が着服の事実を認めたという。

 市は、上司の処分も行う方針。今後、公金取り扱いのルールを明文化するなどの適正化計画を策定し、再発を防ぐ。小林信保市長は会見で「管理を一人に任せきりで、会計課と連携したチェック体制がなかった。非常にずさんな管理だった」と謝罪した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

<PR情報>

最新記事