文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

医療大全

「夜の街」と呼ばれて<2>行政とホストをつなぐ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 深夜になってもネオンが明るい歌舞伎町を抱える東京都新宿区。5月末、区長の吉住健一(48)は、夜も眠れないほど 憔悴しょうすい していた。

 「このままでは歌舞伎町の感染拡大は止められない」。新型コロナウイルスのクラスター(感染集団)対策にあたる新宿区保健所の幹部から、そんな話を聞いたからだ。

「夜の街」と呼ばれて<2>行政とホストをつなぐ

新宿区とホストをつないだ手塚。「ホストにとって行政は遠い存在。会えば距離が縮まると思った」と振り返る(東京・歌舞伎町で)

 クラスター対策は、感染者から、訪れた場所や会った人を丁寧に聞き出し、それで判明した濃厚接触者を検査して陽性ならホテルなどに隔離することが基本になる。保健所の保健師が対応にあたる。

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療大全の一覧を見る

<PR情報>

最新記事