文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

知人名義で「持続化給付金」100万円詐取疑い、大学生2人を再逮捕

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 新型コロナウイルスの影響で経営不振に陥った事業者を支援する「持続化給付金」を愛知大の学生が詐取したとされる事件で、愛知県警は20日、知人の学生名義で給付金をだまし取った詐欺容疑で、ともに同大の学生で、住所不定の男(21)、同県豊橋市の男(21)両容疑者を再逮捕した。

 発表によると、2人は同大に通う、20歳代の男と共謀。5月29日頃、男を個人事業主と偽り、4月の売り上げが、前年同月の半分以下の約8万円だったとする虚偽の売り上げ台帳のデータなどを用意して電子申請し、6月5日に国から男の口座に100万円を振り込ませた疑い。県警は2人の認否を明らかにしていない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

<PR情報>

最新記事