文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

ALS患者嘱託殺人、別の難病患者の診断書偽造で医師2人追起訴

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 難病の筋萎縮いしゅく性側索硬化症(ALS)の女性患者(当時51歳)に対する嘱託殺人罪で起訴された医師2人について、京都地検は20日、別の難病患者が海外で自殺ほう助を受けるために必要な診断書を偽造したとして、有印公文書偽造罪で追起訴した。地検は2人の認否を明らかにしていない。

 追起訴されたのは、大久保愉一よしかず(42)、山本直樹(43)両被告。

 起訴状によると、2人は共謀し、昨年9月28日、福岡市で、九州地方に住む20歳代の女性難病患者の病状などが書かれた英文の診断書2通を国立大学病院名で偽造し、偽名で署名したとされる。

 捜査関係者らによると、この女性は「安楽死」を望む思いをツイッターで発信し、大久保被告と連絡を取り合っていた。診断書は女性の依頼で大久保被告が文案を作成し、山本被告が署名。女性がスイスで自殺ほう助を受けるため、現地の団体に提出するものだったという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

<PR情報>

最新記事