文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

街で障害のある人と出会ったら~共生社会のマナー

医療・健康・介護のコラム

「ソーシャルディスタンス」のために介助を断られ…視覚障害者の買い物にお店の配慮を

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 ヨミドクターをご覧のみなさま、サービス介助士アドバイザーの平野恵です。今回は、視覚障害者の買い物方法についてです。

商品名を順番に読み上げてもらい

 みなさんもよく利用するスーパーマーケットなどを例に、私が普段、どのように買い物をしているのかご紹介します。

 まず入店したら、店員さんに「商品選び」を依頼します。私から店員さんに欲しいものをお伝えし、そのあと、その商品の陳列棚まで案内していただき、商品名を順番に読み上げてもらいます。例えば、パスタを購入したい場合、まず、「パスタを選びたいです」とお伝えします。そして、陳列棚の前で、店員さんに「ナポリタン、カルボナーラ、ペペロンチーノがあります」などと読み上げてもらい、その中から気に入ったものを購入します。

 商品名のみではどういったものか想像ができない場合には、入っている具材や味付けについて聞くこともあります。そのほか、値段やその商品が新発売か、期間限定品か、といった情報も伝えていただけると、より買い物を楽しむことができます。同じナポリタンでも、最近は種類が豊富なのです!

 次に支払いについて。ここでも、いくつか教えていただくことがあります。近年、キャッシュレス決済が浸透し、交通系電子マネー、クレジットカード決済など、さまざまな支払い方法があります。これらに関する情報は、ポスターやポップの掲示など視覚情報のみのことがほとんどで、私は情報を得ることができないため、店員さんに読み上げてもらいます。クーポンについては、最近はメール配信で取得できるものも増えてきましたが、まだ紙で発行されることが多く、その内容、利用可能期間などについても読んでもらいます。

感染対策をしたうえで案内を

 私は、これまで、こうした方法で買い物ができていました。ところが現在は、新型コロナウイルスの影響で、買い物がしづらくなっています。

 先日、いつものように商品選びを店員さんに依頼したところ、感染予防のため、断られてしまいました。商品選びでは密接に関わる時間が長くなりますし、歩行時に肩や肘につかまらせてもらうため、感染リスクがあることは確かです。しかし、お店でソーシャルディスタンスを取られてしまうと、私は、生活必需品さえも入手することができなくなってしまいます。

 私たち視覚障害者も、感染リスクがあることは十分に理解していますので、外出時にはマスクを着用する、消毒液を持ち歩いてこまめに手指の消毒をするなど、案内していただく方に少しでも安心していただけるよう対策を取っています。お店や街中で困っている視覚障害者を見かけた際には、感染対策をしたうえで、従来と同様に案内をしていただくよう、お願いします。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

carefit-togashi_prof

街で障害のある人と出会ったら~共生社会のマナー

冨樫 正義(とがし・まさよし)

冨樫 正義(とがし・まさよし)
 1973年、埼玉県生まれ。桜美林大学大学院卒(老年学研究科修士号)。東洋大学国際観光学部非常勤講師。法律事務所、不動産関係会社、人事コンサルタント、専門学校講師を経て、現在、サービス介助士、防災介助士、認知症介助士などを認定・運営する団体「公益財団法人日本ケアフィット共育機構」(0120‐0610‐64)のインストラクターとして、年間50社以上の企業対象研修を担当するほか、企業のバリアフリー・ユニバーサルデザインのコンサルティングも行う。

平野 恵(ひらの・めぐみ)

平野 恵(ひらの・めぐみ)
 視覚障害と軽度の移動機能障害がある。2歳から4歳まで盲学校幼稚部、その後、小学校から高校まで養護学校(現在の特別支援学校)に通い、高校まで車いすを使用して生活をしていたが、大学入学後の訓練を経て、現在では白杖のみで歩行している。日本ケアフィット共育機構事務局に勤務。サービス介助士アドバイザー。

街で障害のある人と出会ったら~共生社会のマナーの一覧を見る

<PR情報>

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事