文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

妊娠中の妻をペットボトルで殴り、土下座強要…元巡査部長に有罪判決

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 前橋市で7月、当時妻だった女性に暴行したとして、傷害罪に問われた群馬県警の男性元巡査部長(39)に対し、前橋地裁は14日、懲役1年、執行猶予3年(求刑・懲役1年)の判決を言い渡した。

 判決によると、元巡査部長は7月18日朝、当時の自宅で、液体が入ったペットボトルで女性の背中を複数回殴るといった暴行を加えて、打撲などのけがを負わせた。

 稲田康史裁判官は、元巡査部長が日頃から女性に侮辱的な言動を繰り返していたと指摘。女性が当時妊娠中にもかかわらず、暴行を加えたり、土下座を強要したりしたことについても、「犯行は身勝手で独善的。(女性の)恐怖と苦痛は大きい」などと非難した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

<PR情報>

最新記事