文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医師が教える「女と男、髪と地肌の話」 田中洋平

医療・健康・介護のコラム

男性に流行する「ひげの医療レーザー脱毛」。そのメリットとデメリットとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 体毛の濃さは、人種によって違うようです。

 白人は毛深い――。確かにそんな印象はありますよね。男性が上半身裸になると、腕回りや胸板には産毛がびっしり。われわれ日本人に比べて、ひげを生やしている率もかなり高いようです。彫りの深い顔立ちの無精ひげや、鍛えた上半身の体毛は、男性性を強調する、大切なセックスアピールなのかもしれません。

 そんな考え方の違いもあるかと思いますが、私が知っている限り、白人はあまり医療レーザー脱毛に興味を示しません。女性のわきや下半身などは別ですが、産毛は非常に軟らかくて、色素も薄く目立たないので、あまり気にならないためかもしれません。

 余談ですが、今でも、こんがりと日焼けした皮膚に憧れる白人の方も少なくないようで、「美白なんて信じられない」と不思議がられることもあります。ないものねだりで面白いものです。

 前回もお話ししましたが、日本ではレーザー脱毛が大流行しています。白人に比べれば肌の色がやや濃いとはいえ、毛髪も太くて黒々とした人が多いので、気にする人が多いのだと思います。最近は、ひげに対する医療レーザー脱毛のニーズも増えています。

時間と労力の節約、それに肌の健康に役立つ

男性に流行する「ひげの医療レーザー脱毛」。そのメリットとデメリットとは?

 私が十数年前に開業して驚いたのは、女性だけでなく、男性にも顔の医療レーザー脱毛を希望する患者さんが多かったことです。特にここ数年は、年齢を問わずに、男性の口の周辺、あご、首の医療レーザー脱毛を希望する方が急増しています。

 患者さんの多くは「 () るのが煩わしい」「カミソリ負けする」と理由をおっしゃいます。また、少なくない方が、毛が皮膚の下で渦巻いて 化膿(かのう) するのがつらいとおっしゃいます。

 多くの男性にとって習慣になっているとはいえ、忙しい朝のひげ剃りは、それなりの重労働で、時間もかかります。シェービングの後は、洗面台もきれいにする必要があります。

 私も「ひげ剃りは煩わしい」とは思います。以前から、このコラムでも申し上げてきた通り、大切な臓器や皮膚を守るために体毛は大切な存在と考えられていますので、それを時間と労力をかけてまで剃ってしまうのは、矛盾しているとも思うのですが……。とにかく、時間と労力から解放されるので、口の周辺、顎、首の医療レーザー脱毛は大きな福音かもしれません。

 それに、肌の健康へのメリットもあります。

 電動シェーバーでも安全カミソリであっても、剃毛を繰り返していると、どうしてもカミソリ負けは起こりやすくなります。誰にでも、誤って顔に切り傷をつけてしまった経験はあると思いますし、炎症の原因にもなります。皮膚の表面に小さな「かさぶた」ができることによって、毛穴がふさがりやすくなり、細菌感染で化膿したり、表面に生えてくることができない毛が、皮膚の下で渦巻いてしまったりします。

 このような状況に悩みがちな方にとって、医療レーザー脱毛は根本的な解決法でとても有効な治療ですね。

意外と時間がかかり、治療の痛みも

 ただし、これから治療を受けようと考えている方に、ぜひ知っておいていただきたいことがあります。長年にわたって悩まされてきたひげが、1回のレーザー照射できれいになくなるわけではないということです。実際は、休眠期の毛根の割合が高く、数か月ごとに数回医療レーザー脱毛しても、まだまだ生えてきます。ある程度、長期間の通院が必要となるのです。毛根が減っている分、生き残りの毛根からの毛がまだらに生えているように見えて、余計に気にする方も少なくないのです。

 しかも、数年後になっても、ぽつぽつとわずかながらに生えることがあり、気になって追加の治療に来る方も少なくないです。

 それに加えて、やはり痛みはあります。ひげは感覚が鋭敏でデリケートな顔に太く、密集していますので、ある程度、量が減るまではどうしても痛みを伴います。それを抑えるためにレーザーの出力を下げると、今度は治療回数が多く必要になります。

 私のクリニックでは、皮膚表面を冷却しながら休み休み照射したり、麻酔のクリームを使用して工夫しています。

白髪になったひげには向かない理由とは

 ひげの医療レーザー脱毛で、意外と盲点になるのは、白髪に苦戦することです。医療用レーザーは、黒い毛根を熱処理します。顔のあざやほくろの治療などに利用することでも、そのメカニズムはご理解いただけると思います。したがって、色素の薄い白髪の毛根に対しては厳しいのです。冒頭で申し上げた「明るい色の髪を持つ白人は、あまりレーザー治療をしない」のは、この点が理由になっているのかもしれません。

 では、白髪になったひげを脱毛するのは、どうしたらいいのでしょうか?

 私は、昔ながらの針電極脱毛になると考えています。治療部位を麻酔して、針形の細い電極を毛に沿って挿入し、毛根部で高周波を照射して、毛根を破壊することで脱毛処理する方法です。医療レーザー脱毛に比べると、手間と時間がかかります。

 剃るのが煩わしいと思われる方は、白髪になる前に治療を完了させておくほうが良いでしょう。(田中洋平 形成外科医)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

tanaka-youhei_prof

田中 洋平(たなか・ようへい)

 クリニカタナカ 形成外科・アンティエイジングセンター(長野・松本市)院長 新潟薬科大学客員教授、東京女子医科大学非常勤講師。1975年生まれ。

医師が教える「女と男、髪と地肌の話」 田中洋平の一覧を見る

<PR情報>

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事