文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

医療大全

オンライン診療<2>状況に応じ「対面」選択も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
オンライン診療<2>状況に応じ「対面」選択も

主治医の宮本さん(右奥)の診察を受ける子どもたち(川崎市の多摩ファミリークリニックで)

 オンライン診療を受けるか、外来で対面診療を受けるか。9月中旬、川崎市に住む母親(35)は子どもたちの受診方法で迷っていた。長男(5)と次女(1)にせきと鼻水の症状があった。風邪かもと思ったが、長男が抱えるアレルギー性鼻炎の悪化が気がかりだった。

 長女(7)も含め子どもたち3人は毎月1回、市内の多摩ファミリークリニックに慢性便秘症の治療で通院している。母親にとって、いつも悩ましいのが待ち時間だ。待合室ではしゃぎ回る子どもたちに、静かにするよう言い聞かせなければならない。あちこち触るので新型コロナウイルスの感染も心配だった。

 5月、クリニックがウェブサイトでオンライン診療を受け付けているのを見つけたので、予約を入れた。政府が時限的に対象範囲を広げて認めていた。

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療大全の一覧を見る

最新記事