文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

山中龍宏「子どもを守る」

医療・健康・介護のコラム

姉と遊んでいた小4がアーモンドを詰まらせ死亡…水分で膨張 乾いた豆類は危ない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

豆はレントゲン写真に写らない 肺炎で死亡も

 大人は、臼歯という奥歯で豆をすりつぶし、唾液と混ぜて飲み込みます。乳幼児では、奥歯がまだ生えていなかったり、奥歯ですりつぶすことがうまくできなかったりするので、前歯で豆を () んで小さくしています。歩いていて転んだ、びっくりした、お母さんが行ってしまった、鬼に追いかけられたなどの理由で、舌の上に豆の小さな破片がある状態のまま大声で泣くと、泣き切って大きく息を吸いこんだ時に、破片が気管に入ってしまうのです。

 豆が気管に入ると、咳き込む、むせる、ゼーゼーする、声がかすれる、顔色が悪くなるなどの症状がみられます。これらの症状は風邪と似ているため、病院にかかっても正確な診断がされず、風邪と間違われることがあります。

 いったん豆が気管に入ると、自然に排出されることはありません。豆はレントゲン写真には写りません。そのまま放置しておくと、ピーナツでは、含有する脂肪酸によって気管の粘膜が刺激され、肺炎を起こしたり肉芽腫を作ったりします。長く放置しておくと、ひどい肺炎になって死亡することもあります。

 豆類が気管に入った現場を保護者が見ていないことも多く、突然始まった咳、長期にわたる咳、治りにくい肺炎などは、気管支異物を疑う必要があります。

乾いた豆類は家の中に持ち込まない

 小さな子どもがいる家庭で安全な豆まきをするには、豆が小分けにされている袋のまままくようにします。保育の場では、新聞紙などを丸めたものを豆の代わりにしているところもあります。

 豆まきの豆と接触する機会は1年間に数日だけです。一方、ピーナツや枝豆は、一年中、小さい子どもの食材としてよく使われており、接触する可能性が高い食材です。お子さんが5歳くらいになるまでは、ピーナツなどの乾いた豆類は家の中に持ち込まないほうがいいと思います。ピーナツを含んだせんべいやチョコレートも同様に危険です。

包装袋への表示を要望

 30年以上前から、医学関係の雑誌では、乾いた豆(ピーナツや節分の豆など)の危険性が指摘されてきましたが、それが社会には伝わっていません。最近でも、小児科関係の学会では、ピーナツによる気道異物の症例がたびたび報告されています。同じ事故が起こり続けているのは、これまで対策と思われていたことは有効ではないということです。

 そこで、次の対策として、多くの人に危険性を知ってもらうため、ピーナツの包装袋への表示を要望することにしました。

 例えば、はちみつの場合、子どもの年齢を示して、「乳児には食べさせないでください」とびんに表示しています。ピーナツの入った包装袋にも、「4歳未満の子どもには、豆は食べさせないでください」と表記してもらうよう、私たちは20年4月、 一般社団法人日本ピーナッツ協会に要望書を送って検討してもらっています。

 これによって、多くの人にピーナツの危険性を認識していただきたいと考えています。(山中龍宏 緑園こどもクリニック院長)

2 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

yamanaka-tatsuhiro_prof

山中 龍宏(やまなか・たつひろ)

 小児科医歴45年。1985年9月、プールの排水口に吸い込まれた中学2年女児を看取みとったことから事故予防に取り組み始めた。現在、緑園こどもクリニック(横浜市泉区)院長。NPO法人Safe Kids Japan理事長。産業技術総合研究所人工知能研究センター外来研究員、キッズデザイン賞副審査委員長、内閣府教育・保育施設等における重大事故防止策を考える有識者会議委員も務める。

山中龍宏「子どもを守る」の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事